徒然日記 - 図書館戦争

図書館戦争

カテゴリ : 
図書館
執筆 : 
Dice 2006-8-9 11:53
 恥ずかしながら、遅ればせながら、大阪行きのフェリーと天保山マーケットプレイスで、ようやく読んだ。有川浩著 「図書館戦争」 (メディアワークス)。この時点で、図書館員としては失格か?。現役図書館員ではないから救われていると言い訳しつつ、敢えて言おう。未読の者は読むべし、買ってでも読むべし。何も私だけが褒めているのではない。「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期ベスト10の第1位に選ばれているほどの作品なのだから。

 図書館員としてくすぐりは、「図書館の自由に関する宣言」がモチーフになっていて、宣言の4項目と最後の一文「図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る。」が、本編5章の章題に使われていること。これだけでグッと来る。来ない図書館員などいるはずもない。
 ネタばれになるから詳述しないが、エンターテイメントとして、掛け値なしに面白い。「自由に関する宣言」がこんな風に発展するなんて、軟弱な図書館員の誰が想像しよう。もちろん、図書館員でなくても十分に楽しめる。図書館員であれば、挿入される事象の端々にニヤリとさせられたり、頷いたりするはずだ。資料考証も行き届いていると感じる。
 そして何より大切なのは、図書館の存在とは何なのか、読書の自由とは何なのかを、改めて考えさせてくれるテキストになっていることだ。図書館学のテキストとして、十分に通用するのではないか。

 改めて言おう。未読の者は読むべし、買ってでも読むべし。


トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hidice.jp/modules/d3blog/tb.php/32

コメント


投稿者 スレッド
umiyo
投稿日時: 2006-8-31 10:58  更新日時: 2006-8-31 10:58
新米
登録日: 2006-7-1
居住地:
投稿数: 8
 Re: 図書館戦争
>未読の者は読むべし。買ってでも読むべし。
と、ここで読んだとき、ちょうど注文した本が手元に届いたときでした。

夏休みということで、なかなか読書時間とれませんでしたが、やっと読みました〜

すぐに投稿しようとおもっていたのですが、
ユーザー名をうっかり忘れて・・・・
今思い出しました(笑)。

投稿者 スレッド
umiyo
投稿日時: 2006-9-15 22:25  更新日時: 2006-9-15 22:25
新米
登録日: 2006-7-1
居住地:
投稿数: 8
 Re: 図書館戦争
続編の「図書館内乱」が出たそうですよ〜
楽天ブックストップページ
GoogleTranslator
ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
本の購入はこちらから
カテゴリ一覧
もう読んだ?