徒然日記 - 冷や汁国際化プロジェクト

冷や汁国際化プロジェクト

カテゴリ : 
プライベート » 冷や汁エバンジェリスト
執筆 : 
Dice 2021-8-15 22:11
冷や汁エバンジェリストとして、冷や汁は世界的に受け入れられる料理だと信じているのですが、信じているだけでは何も進まないので、勝手に国際化プロジェクトを進めています。

これまで何度もご紹介している赤と白の冷や汁もその一環ですが、盛りつけも工夫してみると面白いのではないかと考え、フレンチ風に盛りつけてみることにしました。

まずは、フランス料理で使われるような白いスープ皿と、セルクル(円形の抜き型)を用意。

赤の冷や汁フレンチ風

向栄食品工業の冷や汁の素を無塩のトマトジュースで溶いて、赤の冷や汁(Hiyashiru di Rosso)を作っておきます。

もち麦入りのごはんをセルクルに詰め、その上からあられに切ったキュウリ、ほぐした木綿豆腐、みじん切りのみょうがと大葉を順に重ね、最後に輪切りのキュウリを飾り、赤の冷や汁を周りに流して、EXVオリーブオイルを回しかけました。

白の冷や汁フレンチ風

続いては、冷や汁の素を豆乳で溶いた、白の冷や汁(Hiyashiru di Bianco)バージョン。

器は、白が映えるように濃紺の皿を使いました。

盛りつけ方次第でがらりと雰囲気が変わりますよね。
こんな感じであれば、コース料理の中で出て来ても違和感は無いと思います。

赤と白のあいがけ

ついでに、カレー皿であいがけも作ってみました。
ご飯少なめに盛りましたが、赤と白はあいがけにすると美味しいんですよ。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (770)




トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hidice.jp/modules/d3blog/tb.php/527
GoogleTranslator
ブログ カレンダー
« « 2021 9月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
アーカイブ
本の購入はこちらから
カテゴリ一覧
もう読んだ?


  
Copyright (C) 2006 Dice@hidice All Right Reserved.