徒然日記 - KONNEカテゴリのエントリ

新宿日記(3)−宮崎を愛するYouTuberとの出会い

カテゴリ : 
KONNE
執筆 : 
Dice 2020-7-25 9:43
先日、事務所で仕事をしていたら、店のスタッフから電話がありました。
「今、有名なYoutuberの人が来ていて、店の中を撮影したいということなんですけど、来てもらえませんか!?」と。

有名なYoutuberってヒカキンしか知らんぞと思いつつ、状況がよくわからないままに、とりあえず店に向かうことにしました。
昔は店の2階に事務所もあったのですが、2年前に2階フロアがレストランに改装された関係で、今の事務所は店から徒歩で3分ほどの所にあるビルの6階に移っています。

店に向かいながら、どう対応するかを考えていました。
選択肢は、受けるか受けないかの2つしかありません。
マスメディアの取材は、本来なら、事前に連絡を貰って撮影の趣旨を書いた企画書をもらい、店の大家さんにも事前連絡を入れて了解を得た上で、撮影に立ち会うのがルール。

今回は、飛び込みでの撮影依頼なので、ルールを理由に断ることも可能。
しかし、Youtuberということは、既にカメラが回っている可能性もあり、断れば断られたことをネタに映像が作られることも考えられます。
そのネガティブなデメリットよりも、引き受けた上で、なるべく印象の良い画を作ってもらって、店を宣伝してもらった方がはるかに得策だろうと。店までの3分の間に整理しました。

腹をくくって店の前まで来たら、カメラを持ったそれらしき人がいたので、
「お待たせして申し訳ありません。」
と声をかけると、
「私は撮影なので、本人は中にいます。」
と返されました。

カメラ担当が別にいるなんて本格的と思いながら店の中に入ると、電話をくれたスタッフが、
「奥にいらっしゃいます。」
と案内してくれました。

そこで出会ったのが、「まっちゃん」こと松浦智史さん。
Fann Channelという、フォロワーが2.8万人いる美容系のチャンネルを持つYouTuberでした。
うちのスタッフも、美容系の情報でまっちゃんのことを知っていて、動画を見たことがあるらしい。

早速その場で名刺交換して趣旨を伺うと、松浦さんは宮崎県出身で、宮崎を応援するチャンネルを新しく作ろうとしていて、その最初として、新宿みやざき館KONNEからスタートしたいとのこと。

明るく元気でやたら声が大きいな、というのが第一印象でしたが、悪い人では無さそうなので、撮影にOK出して館内をご案内することにしました。
「僕、けっこういじりますけど、大丈夫ですか?」
と聞かれましたが、これまで、ろんなメディアのカメラの前に立っていて、アドリブも慣れてはいるので、
「大丈夫です!」
とお答えして、撮影スタート。

1階が終わったら、経営が別になっている2階のレストラン「宮崎風土くわんね」に一緒に上がって撮影交渉し、こちらでも一緒に画撮り。

そうして、最終的に公開されたYouTube動画がこちら。



終盤の12分過ぎくらいに、まっちゃんに、
「このあと、日高さんが怒られたりしません?」
とか心配されていますが、
「そう思うなら、ちゃんとアポ取って来いよ!」
という返しではなくて、
「しょうがないですね。」
と答えているのが、偽らざる心情。もう腹括ってますからね。

この映像を視て、一人でも多くの方に店のことを知って貰って、その中から一人でも実際に来店して買い物や食事をしていただける人が出てくれば儲けもんじゃないですか。
タダで宣伝して貰ってる訳ですから。

ということで、まっちゃん、ご来館ありがとうございました。
できれば、この後も時々取材に来ていただけることを期待しています。
でも、次回からはアポ入れてくださいね。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (264)




店番

またまた前回の更新から間が空いてしまいましたが、暦はGWに入り、通常なら休日とか無関係に週5日勤務のシフトで出勤しているはずでしたが、休業となると特にやることも無いので、私は暦どおりに休みました。

しかし、店の方は排水の構造に問題があってレジ付近に臭気が溜まりやすかったので(改良工事をやって現在は解消されました)、換気のために店を数時間開ける必要があり、5月からは2名ずつ交替で7時間ほど出勤するシフトに変更しました。

私も5月はそれで週に2〜3日は新宿に通って、店番をしたりしてました。
上の写真はその時の模様ですが、換気のために扉を開け、照明を落とした店内で一人寂しく外を眺めていると、通常なら1日当たり350万人以上が乗降する新宿駅のすぐそばに立地しているにも関わらず本当に人通りが少なくて、ある種異様な経験でした。

そうこうしているうちに、なんとなく非常事態宣言が解除される流れになってきたので、スタッフと再開戦略を練り、本社とオーナーサイドにも連絡して、営業再開のタイミングを計ることにしました。
いつから営業を再開するか、現場で機動的に決められないのがこういう店の辛いところではありますが、文句を言っているだけでは何も解決しないので、早めに手を打っておくに越したことはありません。

当初、6月1日(月)からフルタイムでの再開を打診して、返事はもう少し後でということだったのですが、政府の宣言解除が早まったこともあって、結果的には6月1日でGo!(ただし11時〜19時の時短営業で)となりました。

店番

決まったら、そこへ向けて商品を発注し、感染防止対策のための様々な対策を打ちました。

まず、入口と出口に区分して人の流れを整理し、間隔を空けてレジに並ぶための目印を床に貼り、レジには飛沫防止の透明シートを貼るなど、とりあえずできるだけの手を打って準備を整えました。



5月28日には、航空自衛隊ブルーインパルスにより、新型コロナウィルス感染症に対応中の医療従事者の方々をはじめ多くの皆様へ敬意と感謝をお届けするため、東京上空の編隊航過飛行が行われました。。

この日は晴天でしたが、なんとなく垂れ込めていた重苦しい雰囲気を切り裂いて、日本中に平穏な日常が戻るといいなと思いながら見ていました。

こうして、ようやく6月1日(月)の再開を迎えることができたのでした。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (624)




KONNEロゴ

前回このブログを更新したのが1月18日で、それから3ヶ月以上ほったらかしになってしまいました。
その間に、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)があれよあれよという間に世界中に流行し、3月に行うはずだったイベントを延期せざるをえなくなり、プライベートでは東京への異動が決まって、引っ越しの荷造りやら引き継ぎ、おおっぴらにはできなくなったためにこぢんまりとちょこちょこお誘いを受けた送別会などで、あっという間に2月と3月が過ぎて行ってしまいました。

4月に着任した新しい職場は、2008年4月から2011年3月まで籍を置いていた「新宿みやざき館KONNE」
宮崎県が設置し、委託を受けた(公財)宮崎県物産貿易振興センターが運営する宮崎県のアンテナショップです。

昔は店の2階に事務所があったのですが、2年前のリニューアルで事務所が近くのビルに移転したので、通常はそこにいて、時々店に顔を出すという日常になるはずでした。

人影の絶えたサザンテラス

しかし、着任早々に土日の臨時休業、平日の時間短縮営業の調整を行う羽目になり、4月11日(土)からはオーナーサイドからの指示で全面臨時休業ということになってしまいました。

上の写真は4月10日(金)午前10時頃の新宿サザンテラスですが、ここまで人影の絶えたサザンテラスは初めての経験でした。

棚に残る商品

店は閉めても、売るはずだった商品は棚にたくさん残っています。
並んだ商品は、宮崎の生産者さん達が精魂込めて作ったもの。
売れないから返品すれば良いというものでもなく、生産者さん達のためにもなんとか売り捌かなければと、日向夏の5kg箱を下げて電車で配達に行ったり、Facebookで呼びかけて買っていただける方に配送したりと、在庫を減らすことに専念しました。

この時購入いただいた皆さんには、本当に感謝しています。ありがとうございました。

そんなこんなで、久しぶりに新宿で過ごす最初の1ヶ月が過ぎて行きました。
長くなるので、一端ここで切ります。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (834)




GoogleTranslator
ブログ カレンダー
« « 2020 8月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
本の購入はこちらから
もう読んだ?