• カテゴリ プライベート の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

徒然日記 - プライベートカテゴリのエントリ

鶏唐揚げ醤油ラーメン

今日の日曜拉麺は、「日清ラ王 醤油」をベースに、弁当の残り物の鶏唐揚げ(近所のスーパーの惣菜)と、細切り野菜の炒め物、ミニトマトを載せたもの。

野菜は、キャベツとピーマン、玉ねぎをそれぞれ細切りにして、フライパンで炒めて塩・胡椒で味を付け、クミンパウダーとハーブミックスで香りを加えました。

いつものように麺を指定時間の4分より30秒短めに茹でて、丼に付属の液体スープを入れて適量の熱湯で溶き、湯切りした麺を泳がせたら、オーブンで温めておいた鶏唐揚げと炒めた野菜、カットしたミニトマトを載せてできあがり。

もっちりした麺とシャキシャキの野菜がよくマッチして、醤油味の鶏唐揚げとスープもよく合い、合間に食べるミニトマトが口の中をさっぱりとさせて、なかなか良いできでした。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (224)


7月に夏休み取って少し長めの日程で浦安の家に帰る予定にしたので、そのついでに東京でも「あなたの知らない冷や汁の世界」のプレゼンをやりたいと思って、いろいろ画策しました。

まずは会場探しで、折角ならプレゼンだけではなくて「冷や汁 de Bianco」と「冷や汁 de Rosso」を食べていただきたいので、キッチンが付いている会場か、協力いただける飲食店の情報を伝手を頼って集め、運良く7月21日(土)に空いていて、使用料も手頃な場所を確保しました。

で、まずは昼の部。



会場は、自由が丘グリーンホール
7月21日(土) 11時30分開会(11時開場)、定員30名で、とりあえずFacebookuでイベントを立てました。

「あなたの知らない冷や汁の世界」@自由が丘

イベント立てると、いつも人が集まるかどうか不安で仕方ないのですが、いろんな方にシェアしていただいて、スタートは順調な出足です。このまま早く満席になると嬉しいのですが。

続いて、夜の部。



夜は、3月に宮崎市の「みやざき晴夜」でやったように、飲食店とのコラボでできると嬉しいなと思って、今年4月にリニューアルオープンした新宿みやざき館KONNEの2階にある「宮崎風土 くわんね」にお声がけしたところ、ご協力いただけることになりました。

こちらは、7月21日(土) 18時開会(17時30分開場)で、やはり定員30名。

「あなたの知らない冷や汁と夏焼酎を楽しむ夕べ」

参加料5,000円で、冷や汁のプレゼンを聞いていただいた後、コース料理とフリードリンク。料理の〆に、プレゼンにも登場する、BiancoとRossoの冷や汁を出していただくことになっています。

新宿みやざき館KONNEは、10年前に働いていた職場でもあるので、こういう形でコラボできるのは、とても嬉しいです。
精一杯務めたいと思います、

なお、この無謀とも言える企みですが、株式会社ベジオベジコ様とキムラ漬物宮崎工業株式会社様が快く協賛を承諾していただいて、背中を押していただけたので、踏み出す勇気が持てました。ありがとうございます。

昼の部、夜の部、どちらもご予約はお早めに!
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (921)


まちなかキッチンでのプレゼン

6月10日の日曜日、都城市の中心市街地の再開発によって新しくオープンした「まちなか交流センター」の1階にある「まちなかキッチン」で、「あなたの知らない冷や汁の世界」というイベントを開催してきました。

これは、3月に宮崎市の「みやざき晴夜」でフードアナリスト交流会として開催した同名のイベントが結構好評だったので、いろんな所でいろんな人に聞いて欲しいと思って、あちこちに声をかけている中で実現したものです。

折良く、新しい施設が4月末にオープンしたばかりで、きれいなキッチンスタジオが、かなりリーズナブルな値段で借りられたことと、宮崎フードアナリスト委員会都城部会の皆さんが、何か勉強会をやりたいと思っておられたことも幸いしました。

会場の様子

当日は、都城のフードアナリストの皆さんが集客から材料の調達、準備など勢力亭に頑張っていただいて、参加者約35名と、「まちなかキッチン」で開かれたイベントとしては、最多の参加者だったそうです。

プレゼン資料表紙

3月の「みやざき晴夜」でのイベントの時は、プレゼンの後に晴夜のコース料理を出していただき、その中に冷や汁を入れたのですが、今回は、折角のキッチンスタジオなので、実際に冷や汁を作ってみるという体験も折り込みました。

冷や汁をよく作る方から、今回が初めてという方まで様々でしたが、皆さん楽しんでいただけたようで、白と赤の2種類の冷や汁も美味しいと言っていただけて、成功裏に終えることができました。

参加いただいた皆さん、お手伝いいただいた都城のフードアナリストの皆さん、ありがとうございました。

次は7月21日(土)に、いよいよ東京で開催すべく準備中です。お楽しみに!
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (792)


もつ煮込みチャンポン

先日、鍋いっぱいに作ったもつ煮込みがまだ冷蔵庫に残っていて、そろそろ食べきらないといけないので、これを使って日曜拉麺のメニューを作ることにしました。

中華めん

今回使用した麺は、熊本にある五木食品株式会社の乾麺「中華めん」。
近所のスーパーの見切り品で3割引になっていたのを買ってストックしておいたもの。

乾燥状態で250g、約3人分あるので、今回は1/3を計量して使用。
沸騰したお湯で指定時間より短めの約7分、少し固めに茹で、流水で水洗いしてから水切りして準備。

中華鍋で、刻んだキャベツ、玉ねぎ、ピーマン、ひげ根を取ったもやしを炒めたら、もつ煮込みと水を投入して、中華スープの素を補い、酒、塩、胡椒、醤油を加えて味を調えたら、茹でたおいた麺を加えて少し煮込んでできあがり!

薄味ですが、野菜の美味しさもよく感じられて、滋味深くコクのある一品になりました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (389)


だしソムリエへの道

カテゴリ : 
プライベート » 料理
執筆 : 
Dice 2018-6-7 0:18
講師の興梠亜希子さん

先日の日曜日、だしソムリエの3級講座が開かれたので、フードアナリスト仲間の安藤さんと一緒に受講してきました。

講師は、宮崎市江平にある創業100年を超える老舗うどん店「大盛うどん」の女将、興梠亜希子さん。
フードアナリストとして、興梠さんが主催するイベントを何度かお手伝いしてきたのですが、いつの間にかその興梠さんは、あれよあれよという間にだしソムリエ認定講師の資格を取り、「大盛うどん」の2階をレンタルスペースにして、3級講座を開くまでになっていたのでした。

「大盛うどん」は、いりこを煮出した濃厚な出汁に、甘みの強い醤油を合わせた黒いうどんつゆという、宮崎のうどん業界の中でも独自で異色のつゆを持つ店です。
興梠さんは、4代目女将として受け継いできた店の100周年の歴史をまとめる過程で、店を取り巻く環境が変化する中、次の100年をどのように作っていくべきなのか相当に悩んだのではないかと推察するのですが、その一環で料理の基本となる「だし」に興味を持ち、その真髄を追求しようとしたのでしょうか。

様々なだしをテイスティング

それはさておき3級講座ですが、一応料理が趣味のフードアナリストですし、大学時代に自炊してた頃も、かつお節削り器を持っていて本枯れ節を削ってだしを引いていたほどなので、だしについての基本的な知識はあるのですが、様々なだしのテイスティングがあったり、それらをブレンドしてみたり、実際に昆布や削りかつおや煮干しからだしを引いたりという経験は、実に有意義でした。
真昆布と日高昆布のだしの飲み比べなんて、こんな機会でもないとできないでしょうし。
それにしても、ちゃんと引いただしは、やはりとても美味しいです。

4時間ほど講習を受けて、最後に試験があって、結果がわかるのは1ヶ月ほど先みたいですが、資格ビジネスの入口で不合格なんて滅多にないので、おそらく大丈夫でしょう。
名刺に入れる肩書きがまた増えそうです。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (488)


ちゃんぽん風ラーメン

日曜拉麺の投稿も久しぶり。

冷蔵庫にキャベツと竹輪の残りが1本、使いかけの新玉ねぎ半分あったので、ちゃんぽん風に野菜たっぷりと麺を煮込んだラーメンにしようと準備にとりかかりました。

上記の材料にソーセージと赤ピーマンを加えて切りそろえ、中華鍋で炒めて、塩と胡椒で味付け。胡椒を少し多め効かせるのがコツ。

今回のベースは、買い置きの「日清ラ王 醤油」なので、野菜を炒めるのと平行して鍋に湯を沸かして、乾燥麺を3分30秒ほど茹でます(指定の茹で時間は4分なのですが、煮込む時間を差し引きました)。

野菜が炒まったところで熱湯を450mlほど加えて、附属の液体スープを投入。

3分30秒にセットしたタイマーが鳴って麺が茹で上がったら、ざるで湯切りして、中華鍋の中に入れ、30秒ほど煮込んだら、丼に移して出来上がり!

彩り的には、ちょっと緑のものがあると良かったのですが、あるもので作るというスタンスなので、今回は仕方ないのですが、味は十二分に美味しく出来ました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (582)


Mfnetのふるさと納税勉強会

Mfnet(Miyazaki fun! network)という若手(中堅も多くなってきたけど)公務員の勉強会組織があって、その54回目となる勉強会「徹底検証! 2,884億円のふるさと納税の功罪」が若草hutte & co-ba Miyazakiで開催されたので、ふるさと納税についてちょっと勉強してみようと思って出かけてきました。

大半の参加者が県庁や市町村役場の若手職員で、ふるさと納税というテーマ設定も良かったのだろうと思いますが、意識の高い職員が多く、そのネットワークがしっかりとできていることを嬉しく思いました(完璧な上から目線w)。

勉強会は、FAAVOというクラウドファンディングプラットフォームと、その延長線上にあるF×G(エフバイジー)というGCF(ガバメントクラウドファンディング)プラットフォームを運営している齋藤隆太さんから、ふるさと納税の歴史や現状について学んだ後、齋藤さんのコーディネートで、市町村のふるさと納税担当者お二人からお話を伺うという流れでした。

オフレコの話もあったので詳細についてはここでは書きませんが、トップクラスの市町村は、100億円前後の寄付を集めていることには驚かされましたし、県内にはトップクラスに位置づけられる市町村が複数あって、他の市町村にとってはそのモデルが高い目標となってプレッシャーをかけられている実態も知ることができました。

ふるさと納税については、自治体間の獲得競争の中で返礼品の割合が高率になったり、その自治体とは無縁の返礼品が設定されたりと、制度本来の趣旨とずれた運営が行われる例も多くなってきたことで、総務省が指導を強めてきているのですが、自治体サイドには各自治体ごとに異なる地域課題があり、その課題を解決するツールとしてふるさと納税という制度をどのように使うかということで、制度に向き合う態度が異なるということがあるようです。

ふるさと納税専門サイト

しかし現状は、ブランド米やブランド牛肉といったワンランク上の食材を中心に、全国の特産品を実質的に安価に入手できるということで関心が高まってきていて、市場が拡大してきているので大手の事業者も参入して、様々なWebサイトが立ち上がっています。
これらのサイトを見ると、一部はまるでお買い物サイトのようで、牛肉で検索して全国のブランド牛を渉猟したりすることが簡単にできるようになっています。
それはそれで、消費者にとっては便利なことではあるのですが、特定の地域の施策を支援したり応援したりするための寄付という、ふるさと納税の本来の目的は、どこか脇に追いやられているようです。
この現状が、返礼品競争を煽っていると言っても過言ではないでしょう。

こうなると、完全に物の評価だけでリピートするかどうかが決まってしまいがちですし、飽きやすい消費者の性行からすると、リピート率はさほど高くならない気がします。

そこで勉強会の中で、市町村のふるさと納税担当者の方に、
「納税(寄付)をしてくれた方に対して、そのお金で自分たちの自治体でこのような施策ができましたとか、このように使われましたとか、報告をすることがあるのか?」
という質問を行ったところ、それぞれの市町村のWebサイトに総括的にレポートされることはあっても、個別には行われていないということのようでした(全国的に見れば、やっている自治体もあるのかもしれませんが)。

これ、実にもったいないと思うのですよね。
折角、特産品を通じて縁の出来たお客様なのですから、それが特産品だけの縁ではなくて、自治体そのものに縁を感じてもらえるように、それぞれの皆さんに宛てて、礼状とともに、納税(寄付)の成果を報告するべきだと思うのです。
それによって、納税(寄付)した自治体の施策への関心が少しでも高まり、次もまたこの自治体を応援しようとか、何なら訪ねて行ってみようとか思ってもらえるのではないでしょうか。

もちろん、返礼品を送付する際に、市町村長名のお礼状たったり、その自治体の観光パンフレットだったりは同封されているとは思うのですが、それとは別に、後日、お金の使い途をきちんと報告することは、この制度にとってとても大事なことだと思うのです。

こうしたことは、ふるさと納税の実務を代行してくれる事業者に任せきりだとおろそかになりがちなので、取り組む自治体側の最初の制度設計の部分が大事ですし、担当者の熱意も必要だと思ったというのが、勉強会での私の総括でした。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (591)


4月から勤務先が保健所に変わったのですが、保健所の業務は全く初めてで右も左もわからないので、まずは格好から入ってみようと、スマートバンドを導入してみることにしました。

スマートバンドと言っても様々あるので、ネットでひととおり情報収集してみた結果、そんなに高いものでなくても大丈夫そうだったので、Amazonでポチってみたのがこれ。「HolyHigh YG3 Plus」という中国製ですが、時計、歩数計、心拍計、睡眠量計の機能を持っていて、スマホと連動するといろいろな記録が確認できて、カメラのリモコンシャッターにもなったりという、意外なすぐれもの。
IP67防水防塵設計なので、日常生活上は付けっぱなしでも全く問題無さそう。
Amazonでの通常売価は3,319円になっていますが、タイムセールスでポチったので、購入価格は2,821円。

白いシンプルな箱

というとで、ポチって3日後には届きました。
Appleのパッケージを意識したかのようなシンプルな白い箱は、100mm×100mm×45mmの大きさ。

開封

蓋を開けると、こんな感じで本体と取り扱い説明書が入っています。これ以外にケーブル等の類いは何も入っていません。
取扱説明書は、英語とドイツ語の2カ国語仕様で、文字がかなり小さいので、老眼入った身にはちょっとつらいです。
ポチった後に出品業者から、日本語の取説を入れ忘れたので、ここからダウンロードしてねみたいなメールが来ましたが、さすがに中国の業者のサイトにアクセスしてダウンロードするなんてリスクは犯せないので、ほっておきました。
取説程度のレベルであれば、英語でも特に支障はありませんし。

バンドを外す

ケーブルの類いが無いので、充電はどうするのかと思ったら、本体からバンドがこのように外れて、本体側にUSBポートに挿せる端子が付いていました。
バンドは、かなりがっちり付いているので、最初に外す時は結構力を入れる必要があって少し不安になりますが、引っ張ればちゃんと外れますのでご心配なく。

充電中

これを、こんな風にUSBポートのある充電器に挿して充電します。充電中はLEDが赤く点り、満充電になると光量が小さくなります。
充電が終わったら、再びバンドを元に戻します。バンドと本体の接合部の加工精度はなかなかもので、3,000円程度という安っぽさはあまり感じられません。

左腕に装着

左腕に装着したみました。
右腕にも付けられますが、どっちの腕に付けるにしろ、タッチセンサーが手前になるようにしないと、表示が上下逆になるので、そこだけ要注意です。
表示部の裏側に、心拍センサーが付いていて、外した時とか、たまに緑色に光ります。

購入してから約2週間、充電する時と入浴する時以外はずっと装着していますが、重量は25gと軽くてあまり気になりません。
問題は、これから汗をかくシーズンにどうなるかですね。

充電は、インジケーターを見ながら3日に1回程度行っていますが、おそらく今の使い方なら一週間くらいは保ちそうな感じです。


VeryFitPro充電終わったら、スマホにVeryFitProというアプリをインストール。
iPhone用Android用、どちらも用意されています。

インストール終わったら、ブルートゥースで接続して、スマホに「HolyHigh YG3 Plus」を認識させます。

後は、アプリの方で通知設定とかを行います。
メールや、Facebook、Twitter、LINEなど主だったSNSには対応していますが、何でもOKにしてしまうと、しょっちゅう通知が来て面倒なので、必要最小限にしておいた方が良いでしょう。
通知の内容は、ディスプレイ部に表示されますが、日本語の表示は完全ではなく微妙に抜ける文字があったりするので、あくまで目安程度ということで。
それでも、私の実用上はほとんど問題ありません。

Very Fit Proの表示画面1

スマホで、歩数、睡眠時間、心拍数を計測した結果は、このような感じでそれぞれ表示されます。
左右にスワイプすると、項目が変わります。

睡眠時間はどうやって測定しているのか、実際に起きた時間と多少のずれはありますが、浅い睡眠と深い睡眠、覚醒睡眠の時間が表示されるのが面白いです。
トータルの睡眠時間が短くても、深い睡眠が多いとしっかり眠れているということで安心できたり、逆に少し不安になったり。

Very Fit Proの表示画面2

数字が表示されている中央部をタップすると、このように1日単位のグラフ表示に変化します。
これを、1週間の折れ線グラフにすることも可能です。

歩数は、最初に1日の目標を設定しておくと、達成した時にバイブレーションで通知が来るので面白いです。私は、8,500歩を目標に設定していますが、思いもかけない時にブルッと通知が来て、びっくりした後、にんまりしたりしてます。
歩数が可視化されると、少しでもという気になって、ちょっと疲れていてもエレベーターを使わずに階段上る気になってしまいます。
歩数計と基本的に同じなのですが、リストバンド型だと確認しやすいですし、歩数計以外の機能も充実しているので、こっちの方が断然オススメです。

このほか、ウォーキングやラン、自転車(バイク)の計測モードもあって、活動量計にもなるようですが、そちらは忙しくてまだ試していません。
自転車で長距離走る時に、試してみて、またレポートしたいと思います。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (657)


レタスとソーセージと卵の炒め物が載った醤油ラーメン

3週連続の日曜拉麺。
昨日から預かった原稿と格闘していて、今日も朝のうちに洗濯を済ませて、2本目の原稿に取りかかっていたので、昼はありあわせの材料でラーメンをつくることに。

買い置きのレタスと、賞味期限間近の卵があったので、これをメインにすることとして、冷凍保存のソーセージを解凍して、一緒に炒めてみました。

ベースは、先週と同じく「日清ラ王 醤油」。
先週と違うのは、附属の液体スープを伸ばす時に、お湯ではなくて、ベジブロスを使ったこと。
ベジブロスは、日々の料理で出る野菜の切れ端などを冷凍保存しておいて、溜まったところでまとめて作り、冷凍保存しています。
これで、野菜の甘みとこくが加わって、さらに美味しいスープになりました。

麺を茹でる際に、筋取りしたスナップエンドウも放り込んで一緒に茹で上げて、丼のスープに麺を泳がせたら、先に作っておいたレタスとソーセージと卵の炒め物を載せ、スナップエンドウも飾ったらできあがり!

シャキシャキのレタスが美味しく、スナップエンドウも良いアクセントになりました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1091)


春をイメージした醤油ラーメン

3月に入ってから、頑張ってブログを更新するように努めていて、3月は9本の記事をアップできました。
今後も頑張っていこうと思うので、まずは4月の初日から。

日曜日は、恒例の日曜拉麺。

冷蔵庫に、先日買ったほうれん草が残っていたので、それを使うのがマストという条件の中、あり合わせの材料で作ったのが写真のラーメン。

ほうれん草とソーセージは、ニンニクとともに炒めて、塩胡椒で味付け。

ゆで卵は、熱湯に入れて約10分で、ちょうど良い加減の茹で具合に。

ベースの袋麺は、「日清ラ王 醤油」
「まるで生めん」というキャッチフレーズに違わず、さすがに麺が美味しい。
スープもクリアでこくがあります。

具材を載せると、緑のほうれん草とちょっと赤っぽいソーセージにゆで卵の黄身が映えて、なんとなく春の華やかな雰囲気が演出できたのではないでしょうか。

ごちそうさまでした。

さて、明日から新しい職場での仕事が始まります。
久しぶりの電車通勤になって環境も変わりますが、新たな出会いに期待をしつつ、気負わずぼちぼち頑張りましょう。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1201)


GoogleTranslator
ブログ カレンダー
« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
本の購入はこちらから
カテゴリ一覧
もう読んだ?