• カテゴリ プライベート の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

徒然日記 - プライベートカテゴリのエントリ

久々の家族旅行

カテゴリ : 
プライベート
執筆 : 
Dice 2006-8-29 0:29
 娘の練習が珍しく休みになったので、この週末は家族で旅行に行くことにし、土日の1泊2日で箱根へ。家族で揃って旅行に行くなんて、果たして何年ぶりだろう。
 泊まりはネットで探して強羅の安宿に決め、京葉線、新幹線、箱根登山鉄道と乗り継いで強羅へ。まずは、強羅のひとつ手前の彫刻の森駅で降りて、彫刻の森美術館へ。
 美術の教科書には必ず出てくるブールデルの「弓を引くヘラクレス」に出迎えられた後、広大な敷地に点在する野外彫刻を見て回る。途中にはあった足湯で足の疲れを癒し、ピカソ館で陶芸を中心としたピカソの作品を楽しみ、次々と作品を巡る。ヘンリー・ムーアの作品が多いのが印象に残ったが、ここだけで半日は十分に楽しめる贅沢な空間だった。
 美術館を後にして、強羅の駅から急坂を歩いて登り、ようやく宿へ。しばらく休んで宿の車で強羅駅前まで送ってもらい、某有名とんかつ店で期待はずれの夕食を済ませ、宿に戻って温泉につかり、この日は終了。
 翌日は、天気も心配されたので早々に小田原に戻り、小田原城のお濠でボートに乗ったりして楽しみ、夕方に浦安に帰った。来年は娘も大学に行くはずなので、これが最後の家族旅行になるかもしれない。

今日は、足の具合が芳しくない息子を、小竹向原にあるかかりつけの病院に連れて行き、診察を受ける。 夏休み最後の外来診察日とあって、患者も多く、病院に着いてから診察まで2時間待ち。医者も大変だろうけど、待つ方も大変。
 診断の結果は案の定芳しくなく、心配の種が増えることに。とりあえず家に戻って、指示されたとおりに装具を改良。これで少しは改善すると良いのだが、抜本策ではないので、心配は尽きない。

蒼穹の昴(1)  妻に舞浜のアンバサダー・ホテルまで送ってもらい、リムジンバスで羽田空港へ。混雑する羽田で空弁の夕食を済ませ、ANAの最終便で宮崎に戻る。

 今回の旅のお供は、浅田次郎著 「蒼穹の昴(1)」 (講談社文庫)
中国を舞台にした歴史物は昔から好きなジャンルのひとつなのだが、浅田次郎の手によるものは、これまで未読。上梓が1996年で文庫化が2004年だから、ちょっと古いのだが、ようやく手元に巡ってきた。
 舞台は清朝末期。全4巻の1巻目はまだ序章だが、なかなか読ませる。今後の展開に期待。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8322)


徒然日記 2006大阪の夏は熱かった 編

カテゴリ : 
プライベート
執筆 : 
Dice 2006-8-20 21:53
 徒然日記番外編に、「2006大阪の夏は熱かった編」と題して、先日8月5日〜9日の大阪応援旅行の模様を掲載しました。
 ただし、この番外編は、ユーザー登録した方だけに公開されていますので、お読みになりたい方は、是非、新規登録をしてくださいm(_ _)m。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10154)


サイクリング&BBQで疲れた〜!

カテゴリ : 
プライベート
執筆 : 
Dice 2006-8-13 10:44
 昨日の土曜日は、宮崎のIT業界で組織する「coming」の夏の恒例イベントになったBBQ大会が、白浜海水浴場で開催された。

 我が家から白浜まで約25km。BBQだとビールが付き物なので車で行く訳にはいかず、自転車でサイクリングすることに。
 前日の天気予報に反し、朝から日差しがきついので、露出部分に日焼け止めを塗り、冷やしたアミノバイタルと凍らせた麦茶の2本の500mlペットボトルをヒップバッグに入れて、タイヤに空気を入れて、9時40分に玄関前をスタート。

 道はほとんど平坦なので順調に走れたが、先日の転倒のために右ペダルが割れていて、その割れがだんだんひどくなって右足の力が入れにくい。それでも、所要時間1時間15分で現地の白浜海水浴場に到着。

 他の参加者が到着するのを待って、BBQの準備がスタート。ブルーシートを敷き、タープを張り、炭火を熾し、という作業を若手がやるのを少しだけ手伝って、まずは乾いた喉にビール。さすがに汗かいた後の最初の一口はすこぶる美味い。

BBQの様子 焼かれた肉や焼きそばなどを食べながらビール飲み、海に膝までつかり、ビーチバレー風にソフトバレーのボールと戯れていたら、さすがにサイクリングの疲れがでたのか、座っているのがきつくなってしまったので、1時間ほどベンチで横になってしまった。

 気が付いたら、予報どおり雲行きがすごく怪しくなってきたので、片づけを急いでいたところに、激しい雷雨が来襲。全員、大慌てで撤収。
 四阿の下に逃げ込んだものの、風も強くてほとんどシャワー状態。海にはつからなかったのに、この雨でしっかりと全身がビショビショになってしまった。

 そのうちに、車で来ていたメンバーは、次々と帰路に。私は、四阿の下で雨が上がるのを待って、皆より1時間ほど遅れて17時ちょうどに白浜を出発。家に帰り着いたのが18時19分。平均時速19kmのサイクリングだった。
 往復50kmのサイクリングは、さすがに疲れた。夕食を食べて、22時前には起きているのが辛くなって、朝までぐっすりと寝てしまった。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9422)


連休らしからぬ3連休

カテゴリ : 
プライベート
執筆 : 
Dice 2006-7-17 23:16
 初日の土曜日は、朝9時からテニスに行ったが、あまりの暑さに集まったのは5人だけ(本当は6人だけど、1人は途中で帰った)。
 交代で試合形式の練習を行うも、暑すぎて判断力が鈍り、逆をつくサーブにうまく反応できない。どうしても試合後の休憩が長くなってしまう。
 結局、12時までのところを30分ほど早く切り上げて帰宅。昼食後はぐったりして、クーラー入れた部屋で午睡。

 2日目の日曜は、部屋に掃除機をかけ、いつもの床屋へ。予約の電話を入れて10時に行ったにも関わらず、やたら客が多くて1時間以上の待ち。さっぱりと短くしてもらい、終わったのは12時過ぎ。
 ヤマダ電機の7月末までの500円割引券があったのを思い出し、昼食後にヤマダ電機へ。特に電気製品を買う予定もないので、格安DVDの棚を漁り、クリント・イーストウッド制作総指揮の「Thelonious Monk Straight, No Chaser」を533円で購入。割引券とポイントで手出しは無し。
 Thelonious Monk(セロニアス・モンク)は、'40〜'60年代に活躍したジャズ・ピアニストで作曲家。このDVDは、彼の演奏や海外ツアーの際の映像と関係者のインタビューを中心に構成されたドキュメンタリー。音がモノラルなのが残念。

 3日目の今日は、朝からWeb版「みやざきの自然」の19号の入力作業。とっくに届いているはずのテキストファイルが届かないので、スキャナで読み込んでOCRで変換して、HTML化する作業を地道に続ける。
 クーラーのない部屋で3本ほど片付けて、いいかげんに疲れたので、近くの喫茶店に出かけて息抜き。暑いので、いつものマンデリンを頼む気にならず、代わりに注文した初挑戦のブルーベリー・スムージーが良い感じ。
 帰宅して夕食後にも作業を続ける。
 こうして、貴重な3連休が費やされてしまったのだった。


今週末も浦安へ

カテゴリ : 
プライベート
執筆 : 
Dice 2006-7-9 22:57
 今週末も金曜の夕方から浦安へ行き、本日の最終便で宮崎に戻る。
 土曜日は、息子の水泳教室につきあい、プールの中で1時間ほど運動。妙に疲れて、帰ってから午睡などをしてしまった。息子も夕方になって2時間ほど午睡。
 日曜の今日は、息子はボランティアさんとバスと電車を乗り継いで千葉市動物公園へ外出し、妻と私は娘の試合の応援に代々木第2体育館へ。

 席を確保する役の妻が先に出て、私は息子を送り出した後に、弁当などを調達し、重い荷物を抱えてJRと地下鉄を乗り継いで体育館へ。お父さんもなかなか大変である。前日まで夜なべ仕事の続いた妻の方がもっと大変なのではあるが。

 試合の方は、強さ健在のベテラン2名を脅かす若手の台頭は今回も見られず、故障あがりで心・技・体とも十分でない娘は、ほとんど良い所なく下位に沈んだ。悩みを抱える者が入賞できるほど、この世界は甘くない。しかし、18名の選手しか出場できないこの場に立てたことを、今は良しとすべきなのかもしれない。

 全ての演技が終了し、ナショナル団体のエキシビションが終わった所で体育館を後にして羽田空港へ。
 相変わらずの混雑で手頃なレストランには入れないので、搭乗ロビーの売店で「穴子づくし弁当」と缶ビールを購入し、食べ終えてから搭乗。

 今回の旅のお供は、宮部みゆき著 「模倣犯 (3)」 (新潮文庫)。物語も中盤、いよいよ佳境に入ってきた。帰宅して、残り2巻をネットで追加注文。


なんとなく低調

カテゴリ : 
プライベート
執筆 : 
Dice 2006-6-29 23:43
 サッカーのワールドカップが始まって、なんとなくブログの更新も低調だ。
 仕事がそこそこ忙しいのもあるけど、最近は週に3日もバレーボールの練習に行ったりしており、家に帰って一息つくと、サッカーの放映が始まるという日々だったりして、ゆっくりブログ書こうかなんて気にさっぱりならない。
 おまけに、テニスのウィンブルドンまで始まってしまって、睡眠不足が加速されている。

 そんな日々の中で、「みやざきの自然」の19号の入力作業を地道に進め、昨日は会合に出て新たなプロジェクトの協議をしたりと、一応、仕事以外でも働いてはいる。
 子本ネットのMLでは、かの赤木かんこ氏の宮崎行脚が始まったとの連絡も受けている。あちこちの学校で講演したり、図書室改造の手ほどきをしているらしい。果たして、今回の在宮期間中に会えるのか?。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12482)


久しぶりに宮崎に

カテゴリ : 
プライベート
執筆 : 
Dice 2006-6-12 0:04
 6月2日から浦安に行っていたので、9日ぶりに宮崎に戻ったということになる。この間、4日間の研修を受け、高校の同窓生、大学の同級生とそれぞれ飲み会を開き、妻の留守中に息子のために食事や弁当を作り、ダイソンの掃除機を初めて使い、自転車のタイヤに空気を入れ、換気扇のフィルターを替え…、結構忙しく過ごしたな。

 世間ではサッカーのワールドカップが始まったが、放映は夜中なので、積極的に観る気力もなく、録画してまで観るほどの情熱ももはや無い。20年前、86年の大会の時は、放映された全試合をビデオに撮った気もするのだが。
 今も、オランダ−セルビア・モンテネグロ戦をNHK総合で放映しているが、溜まったメールチェックとこのブログ執筆が優先されている。

 さて、宮崎から帯同して読了した文庫本3冊は浦安に置いてきたので、羽田空港第2ターミナルの出発ロビーにある書店で、宮部みゆき著 「模倣犯 (1)」 (新潮文庫)を購入し、機内で半分ほど読み進む。
 やはり宮部みゆきは巧い。ぐいぐいといった感じで引き込まれていく自分を感じる。1巻だけで584ページもあるこの作品、文庫では全5巻。先が本当に楽しみ。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9375)


読書が進む

カテゴリ : 
プライベート
執筆 : 
Dice 2006-6-10 9:53
 今週は、ずっと東京で研修だったので、先週末から浦安の家族宅に来ている。
 朝、満員電車に揺られて代々木に出勤し、夕方、研修を終えて浦安に帰るという、サラリーマン的生活だ。
 往きは、超満員の電車に消耗してしまって、本を開く余裕など無いが、研修の合間と復路の電車で結構読めるので、読書が進む進む。持ってきた3冊は、既に読了してしまった。
 宮崎から持ってきたのは次の3冊。

・ ジェイムズ・エルロイ著 「ブラック・ダリア」 (文春文庫)
 エルロイは、前回の積み残しがあったので、今回で読了。

宮城谷昌光著 「介士推」 (講談社文庫)
 宮城谷昌光に限らず中国の古代史をモチーフにした小説は、含蓄が深くてなかなか良いのだが、これは、大作『重耳』の傍編みたいな位置づけなので、『重耳』を先に読むともっと楽しめる感じがする。

藤原伊織著 「テロリストのパラソル」 (講談社文庫)
 乱歩賞と直木賞を史上初でW受賞しただけあって、確かに巧いんだけど、前半の膨らみに比べて、終盤が急ぎすぎた感じで、尻すぼみ感がある。倍の分量で書き込んでも楽しめたのではないか。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9144)


サイクリング♪、サイクリング♪♪

カテゴリ : 
プライベート
執筆 : 
Dice 2006-5-28 17:53
 このところ、ちゃんとした運動をしてなかったので、新しい自転車(SPECIALIZED CROSSRIDER XC SPORTS)で綾町までトレーニングを兼ねて片道約25kmのサイクリング。
 往路は、西風がとても強くて苦労したが、1時間20分でゴールに定めた綾川荘に到着。新しい自転車の力は偉大。
 昼食は、綾川荘付属のせせらぎ亭で天ぷらうどん定食735円。天ぷらが別に出てくるところが珍しい。たらの芽もあり、海老の揚げ具合いもなかなか良く、満足。
 昼食後に綾てるは図書館に立ち寄り、ちょっと休憩。日曜なのに利用者の数が少なくてちょっと意外。
 図書館を後にして、川沿いのサイクリングロードを宮崎市へ。今度は追い風なのですこぶる快調。トップギアに入れて、がんがんペダルを踏んで、一路、県立美術館へ。
 約1時間で総合文化公園に到着し、古代エジプト展を鑑賞しようと思って美術館に向かったら、入り口には「現在40分待ちです。」との表示。2階の展示室から階段を下って1階ホールまで人の列ができている。
 40分も待つ気はないので、県立図書館へ顔を出し、レファレンスのカウンターにいた旧知のFさんとちょっと話をする。典拠管理のことが気になっていたので尋ねてみたら、一時おろそかになっていたので、Fさんがコツコツと手を入れているとのこと。ご苦労様です。
 もう一度美術館を覗いてみたが、人の列は相変わらずだったので本日の鑑賞を断念し、ブックオフに寄って105円棚を物色してから帰宅。
 帰宅したら、楽天で注文していた自転車の空気入れ(パナレーサー 楽々ポンプ ゲージ付き)が到着していたので、早速、圧力を測りながらタイヤに空気を入れ、ついでにチェーンを掃除。こまめな手入れが長持ちと安全の秘訣なのだ。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8766)


悲喜こもごも

カテゴリ : 
プライベート
執筆 : 
Dice 2006-5-21 22:29
 週末に東京で娘の試合があったので、木曜の夜から浦安の家族宅に行き、今日の最終便で帰宅。
 昨日は、代々木まで試合を見に行った妻に代わって久しぶりに夕食の支度をし、タンドリーチキンと豚汁なんぞを作った。タンドリーチキンは、もう少し焼く時間が欲しかったが、お腹が空いていたので焦げ目が付く前に取り出して胃の中へ。初めて作ったにしては上出来。
 今日は、代々木まで娘の決勝を観に行ったが、故障が完治していないために精彩を欠き、本人にとっては不本意な結果に。観ている方も痛々しい。早く治して万全の状態で試合に出させてあげたい。
 途中、息子の行方不明事件などのハプニングもあって、疲れた一日だった。息子は無事に見つかって良かったのだけど。

 今回の旅のお供は、『本の雑誌 2006年6月号』と、ジェイムズ・エルロイ著 「ブラック・ダリア」 (文春文庫)
 エルロイは、映画化された「LAコンフィデンシャル」で有名だが、今まで未読のままだった。ミステリー通には、今頃エルロイか、と言われそうだが…。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8340)


GoogleTranslator
ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
本の購入はこちらから
カテゴリ一覧
もう読んだ?