• カテゴリ 読書 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

徒然日記 - 読書カテゴリのエントリ

少年時代

カテゴリ : 
読書
執筆 : 
Dice 2008-1-26 11:30
 読んでいるうちに面白くて一気呵成に読み進んでいくものの、残りのページ数が少なくなっていることに気づくと、途端に読み終わりたくない、もう少し楽しませて欲しいと思わせ、読了するのがもったいなくなる小説がある。本書がまさにそんな小説である。

 ロバート・R・マキャモン著『少年時代』(ヴィレッジブックス)。
 元々、文春文庫で出ていたのだが、2005年にソニー・マガジンズのヴィレッジブックスで再刊された。文庫版の上下巻で、右の画像は上巻である。
 「『本の雑誌』が選ぶ90年代ベスト100」に入っていて、読むべく探していたのだが、文春文庫では入手ができなくなっていて(古書を探せば別だが)、つい最近、再刊をされているのを楽天市場で知って購入ボタンを押した次第。

 上巻は通勤電車の中で読了し、下巻は先日の宮崎出張のお供に持って行って、旅程前半で読み切ってしまった。

 基本的には一人の少年の成長の物語なのだが、物語の縦糸に少年とその父親が偶然に巻き込まれた殺人事件の謎解きを置き、黒人の公民権開放の歴史など60年代から70年代にかけてのアメリカ南部の政治・風俗と少年時代に誰しも経験したであろう魔法を信じる心を横糸に物語が紡ぎ上げられて行っている。
 ちょっとした挿話が後になって生かされる巧妙な仕掛けがあちこちにあって、重層な読み物である。マイベストに入れる一編がまた増えた。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9862)

LAコンフィデンシャル

カテゴリ : 
読書
執筆 : 
Dice 2008-1-11 1:08
 通勤電車の中で新年早々に読了したのは、ジェイムズ・エルロイ著 「LAコンフィデンシャル」 (文春文庫)。
 文庫版は97年初版なので10年前の作品だが、12月に宮崎に出張した時に、ブック・オフの105円棚で見つけて買っておいたものなのだ。
 クライム・ノベル、特にノワール好きとしては、エルロイは外せない作家である(らしい)。

 最近映画化された「ブラックダリア」、「ビッグ・ノーウェア」、本書、「ホワイト・ジャズ」で暗黒のLA四部作を成すというのは、本書の著者紹介を読んで初めて知った。
 「ブラックダリア」は既読だが、「ビッグ・ノーウェア」を読んでいないので、途中を飛ばしてしまったことになる。う〜む、そうとなれば読まねばならないが、既に文庫は店頭品切れになっているので、ブック・オフか古書店で探さねばならないのだが、日頃の通勤経路には見あたらない。
 わざわざ探しに行くべきだろうか。Amazonなどネットで探す手もあるが、中古は状態が見られないだけに手を出しにくい。

本書、上下巻で計800ページほどあるので、なかなか楽しめました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9964)
GoogleTranslator
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
アーカイブ
本の購入はこちらから
カテゴリ一覧
もう読んだ?


  
Copyright (C) 2006 Dice@hidice All Right Reserved.