徒然日記 - 201710のエントリ

美味しいコーヒーを淹れるための実践

カテゴリ : 
プライベート » 料理
執筆 : 
Dice 2017-10-14 17:02


先週、神戸で学んできたコーヒーの淹れ方を実践してみました。

講座の中の実習で自分達で焙煎した2種類の豆のうち、コロンビアを使いました。
焙煎してからちょうど一週間経っているので、ガスも抜けて良い具合に落ち着いているはず。

粉の量と投入するお湯の量を正確に量る必要があるため、キッチンスケールも用意しました。
タニタのKD-184N-WH。2kgまで1g単位で量ることができ、ボタン一つで風袋の重量を除くことができます。
表示部から2つに折って立てて収納することもできるので、狭い台所でも置き場所に困らないので便利です。

まずは、ドリッパーとカップをお湯で温めたら、フィルターをセットしてスケールの上に置き、粉を12g入れて平らにならします。

キッチンスケールの上に載せたまま、95℃前後のお湯を20cc、粉の上から少しずつ均等に注いで全体を湿らせ蒸らすこと約20秒。

そこから80ccのお湯を粉の中心部から小さな円を描くように注ぎ、そのお湯が1/3程度減ったところに40ccを追加。

窪みができたら3投目の20ccを追加して、お湯が落ちきるまで待って、ドリップは完了。



フィルタの周囲と底に、均等な厚さで粉の壁ができていれば良いのですが、今回は、見た感じではまあまあの出来。

ポットの口から細く途切れないようにお湯を注ぐのが難しくて、お湯を切る時に右手前側に垂れる癖があるので、もう少し練習が必要ですね。

できあがったコーヒーは、甘みと柔らかな酸味と苦みのバランスが良く、チョコレートのような少しオイリーな香りもあって、なかなか美味しかったです。



コーヒーと合わせたお菓子は、神戸に住む大学時代の同級生からお土産としていただいた、HENRI CHARPENTIER(アンリ・シャルパンティエ)のプティ・ガトー・アソルティから、看板商品のフィナンシェをいただきました。
田染君、ありがとう。
フィナンシェのバターの香りとコーヒーのマッチング、ピッタリでした。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3556)




3連休を利用して、神戸までコーヒーの勉強に行ってきました。
UCC上島珈琲株式会社がやっている「UCCコーヒーアカデミー」ベーシックコース

神戸と東京の2ヶ所で、毎月のように開催されているのですが、最短で2日はかかるコースなので、諸々の経費を考えて、カーフェリーで行ける神戸を選択した次第。

初日の会場は、UCCコーヒー博物館の体験ルーム。
朝、フェリーで到着したら、近くのポートターミナル駅から、ポートライナーで1本で行けるという好立地。

オリエンテーションの後、博物館の見学から始まって、コーヒーの歴史、産地、抽出方法、テイスティングなど。
焙煎の実技もあって、自分達でローストした2品(アンウォッシュドのコロンビアとウォッシュドのモカ)を少しずつお持ち帰り。

2日目は、博物館の隣にあるUCC神戸本社のアカデミーラボにて、ペーパードリップやサイホン、イブリック、フレンチプレスなどの抽出方法を座学と実技で学び、コーヒーの作法や菓子に合うコーヒーの選び方を実際に食べたり飲んだりしながら学びました。



2日とも、休憩を挟んで9時半から16時半までみっちりと学んだら、最後に学長から修了証書をいただいて、ベーシックコースの終了。

いや〜、コーヒーって面白い!
ベーシックと言いながら、ツボはしっかり押さえられていて、少数精鋭のカリキュラムで実技もあるし、かなり勉強になりました。
産地ごとの味についても、自分が思い込んでいたものと違っていたりして認識を新たにさせられることもあったり、自分の弱点みたいなものもわかったりして、非常に有意義な2日間でした。

少なくとも、ドリップについては、これまでよりも美味しく淹れられる自信もつきましたが、慢心せずにコツコツと修行しなければ。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2803)


GoogleTranslator
ブログ カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
本の購入はこちらから
カテゴリ一覧
もう読んだ?