徒然日記 - 201802のエントリ



いつもは、単身赴任のアパートでラーメンを作っているのですが、先日、浦安の家に帰った際に、息子と二人で昼食を食べることになって、家の冷蔵庫にある材料を使って作ったのが、このラーメン。

ベースは、ストッカーの中に買い置きされていた、袋麺の「明星チャルメラ しょうゆラーメン」
豚とホタテと香味野菜のスープに濃口醤油で味付けされた、東京ラーメンらしい味わいです。

これにトッピングしたのが、次の3種類の具材。
1. ソーセージとセロリと玉ねぎとエノキの豆板醤炒め
2. 鰹粉をまぶした長ネギの小口切り
3. 刻んだセロリの葉

1は、蛋白源となるソーセージに、冷蔵庫とストッカーにあった野菜の組み合わせ。
普通の炒め物だと面白くないので、豆板醤でピリッとした刺激を加えてみました。

2は、都城市に本店、宮崎市に支店のある醤油ラーメンの名店「かま源」のねぎらーめんにインスパイアされて作ってみました。
本家は、縦に白髪に切ったねぎに鰹粉をまぶしているのですが、青い部分も使ったので、小口切りに変えてみました。

3は、1で使ったセロリの葉がもったいなかったので、細かく刻んで香味として使ってみました。香菜があればもっと良かったんですが。

これら3種の具材の組み合わせで、チャルメラの醤油味に、鰹粉の旨味と香り、豆板醤の刺激、セロリの香り、それぞれの具材の異なる歯ごたえが重層的に加わって、なかなか面白く美味しいラーメンになりました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3493)


GoogleTranslator
ブログ カレンダー
« « 2018 2月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3
アーカイブ
本の購入はこちらから
カテゴリ一覧
もう読んだ?


  
Copyright (C) 2006 Dice@hidice All Right Reserved.