徒然日記 - 20180805のエントリ

鶏と野菜の旨味の効いた塩ラーメン

久しぶりの日曜拉麺。
ラーメン作ってなかった訳ではないのですが、諸事情あって掲載できなかったので、間が空いてしまった次第。

今回は、鶏むね肉で茹で鶏作った際の茹で汁と、ストックしておいたくず野菜を煮出して作ったベジブロスを合わせ、それだけだとコクが足りないので、鶏がらスープの素と香龍、ラード少々を加えて、塩で味を調えてスープを自作しました。

具材は、冷凍庫にあったソーセージとシメジ、冷蔵庫の丸オクラ、いただき物のミニパプリカを炒めて載せています。

中華めん

麺は、もつ煮込みチャンポンの時に使った中華麺の残り、熊本にある五木食品株式会社の乾麺。
これを、表示より少しだけ短めに茹でて湯切りした後に、丼に注いだ自作スープに泳がせ、炒めた具材を盛りました。

野菜の甘みと鶏の旨味がベースになったスープは、味のバランスも良く、なかなか良い出来でした。ちょっと塩分を強めにしたのが、ラーメンのスープとしては良かった感じです。
ここに、絶妙にコシを残した中太のストレート麺が合わさって、美味しくいただけました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (714)
GoogleTranslator
ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
アーカイブ
本の購入はこちらから
カテゴリ一覧
もう読んだ?


  
Copyright (C) 2006 Dice@hidice All Right Reserved.