徒然日記 - 201811のエントリ

豚軟骨味噌煮の載った塩ラーメン

恒例の日曜拉麺ですが、実はこのラーメン、作ったのは11月17日(土)の昼です。
18日(日)は、串間市で開催されている「ウィキペディアタウン in 串間」に参加しているので、投稿予約してます。悪しからず。

今回は、1週間前に仕込んだ豚軟骨とコンニャクの味噌煮込みがまだ残っていたので、それを載せるべく具材を考えました。

ゆで卵は、沸騰したお湯に入れて8分間ボイル。ちょうど良い具合の黄身の茹で加減になって大満足。

野菜は、冷蔵庫に残っていたレタスとピーマンを細切りにして、みじん切りのニンニクとショウガとともにフライパンで炒めて、軽く塩胡椒で味付け。

ベースのインスタントラーメンは、既に廃盤になっている「日清ラ王 塩」。

煮込まれた豚軟骨のトロッとした食感に、ゆで卵の白身のプリプリととろみを残した黄身、つるしこの麺、甘辛の味噌と塩味のコンビネーション、なかなかに面白く楽しい一品になりました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (73)


ソース焼きそば目玉焼き添え

備蓄しているインスタント麺のうち、「サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば」がそろそろ賞味期限に近づいてきたので、今日の昼に消費することにしました。

手持ちの素材は、冷凍保存の粗挽きウィンナーと玉ねぎ、使いかけのリーフレタスに卵ということで、粗挽きウィンナーを解凍して細切りにし、玉ねぎとリーフレタスも細切りに。

まずは目玉焼きを半熟のサニーサイドアップで焼いておいて、「サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば」の封を開けて沸騰したお湯を注いで3分間。

待つ間に、フライパンで粗挽きウィンナーと玉ねぎを炒め、3分経って湯切りした麺を投入。
付属のオタフクソースを加えたら、リーフレタスも入れてよく混ぜながら炒めて、ソースをまんべんなく広げます。

炒まったら、皿に盛りつけ、目玉焼きを添えて出来上がり!
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (330)


こくしぼりプレミアム 芳醇ぶどう

気が向いた時に巡回する生活情報サイトに、「360.life」という商品評価サイトがあるのですが、8月くらいの特集に「ストロングゼロでも、氷結でもない! プロがガチ評価した最強“チューハイ”20選」というのがあって、その中で1位に選ばれていたのが「こくしぼりプレミアム〈芳醇ぶどう〉」で、飲んでみたいと探していました。

巡回するスーパーではなかなか出会えずにいたのですが、先日、ようやく近所のスーパーでみつけたので、早速購入して飲んでみました。

最近のチューハイはアルコール度数が高めのものが多くて、9%もあると1本でかなり酔ってしまって、その後、仕事ができなくなるので、買うのを躊躇することが多いのですが、この「こくしぼり」シリーズは5%と手頃なので、個人的に評価が高いです。

それで、この「こくしぼりプレミアム〈芳醇ぶどう〉」
やや甘めではありますが甘すぎず、赤ワインの雰囲気が良く出ていて、香りとコクもあり、さすがに1位という感じの美味しさでした。

甘いチューハイが多い中で、これなら食中にも飲めるテイストで、リピートしても良いかなと思いましたが、基本的に家でも焼酎を飲むことが多いので、次はいつ買うかな?
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (383)


GoogleTranslator
ブログ カレンダー
« « 2018 11月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
アーカイブ
本の購入はこちらから
カテゴリ一覧
もう読んだ?


  
Copyright (C) 2006 Dice@hidice All Right Reserved.