徒然日記 - 202105のエントリ

自転車に絶対付いてないといけないもの、それはベルです。
道路交通法に、次のような規定があります。

(警音器の使用等)
第五十四条 車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。
一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。

つまり、自転車には警音器(=ベル)を装着して、「警笛ならせ」の標識のある場所では鳴らさなければなりません。
この条項には罰則規定があって、従わない場合には五万円以下の罰金に処せられる可能性すらあるのです。
ですので、ベルが付いていなかったMACH9号の場合は、別途ベルを購入する必要がありました。

そこで購入したのは、右の「キャットアイ(CAT EYE) ベル OH-2400 真鍮製 ブラック」
ここでもなるべく軽く、場所を取らないことが条件でした。
またこのベルは、ハンドルに取り付けるブラケットが同じキャットアイのライトと共通なので、既に取り付けてあるライト(CATEYE VOLT300)の下側に装着可能というのも決め手のひとつでした。

なお、この道路交通法第五十四条には第二項があって、そこには、
2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

とあります。

むやみやたらにベルを鳴らすのは道路交通法違反なので、歩道を走っていて前を行く歩行者に対してどけどけとばかりにベルを鳴らすのはもってのほかですからね。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1417)


GORIXワイヤーロック

自転車乗るのに必要不可欠なもの、それはロックです。
ロックが無ければ、安心して自転車の側から離れられません。

ママチャリとか通学用自転車とか、最初から何らかのロックが付いている自転車もありますが、RENAULT PLATINUM MACH9にはロックが付いていなかったので、別途用意する必要がありました。

そこで、自転車をポチるのと同時にAmazonでポチったのが、右の「GORIX(ゴリックス) 鍵式 ワイヤーロック」です。
カラーは6色ありますが、少々高いけどMACH9号のカラーに合わせてブラックにしました。

自転車用のロックには様々なタイプがありますが、出かけた先で可能な限り地球ロックしたいので、ワイヤータイプで長さがある程度ある方が望ましいと考えました。
これは、長さ2m。これだけあれば、電柱とか地面に固定されているものに繋いでロックできます。

それから、ダイヤル式ではなくて鍵式であること。
ダイヤルは、順番に回して行けばそのうちに開くので盗難に弱いため、鍵式の方が盗難のハードルは上がるかなと考えてます。

そして、なるべく軽量であること。
折角軽い自転車を買ったのですから、自転車と一緒に持っていく物も軽いに越したことはありません。
これだと140gで軽く、ワイヤーも細いので、小さく巻いてサドルバッグに入れておくことが可能です。

室外機の上で保管

我が家では、MACH9号はDAHONの輪行袋に入れて、ベランダの廊下側に置かれた室外機の上で保管しているのですが、このワイヤーロックを使って、窓の防犯格子に繋いでます。
軽くて折りたためる自転車だからこそできる収納方法ですね。

ロックのワイヤーが細いと、ワイヤーカッターですぐに切られちゃうので危ないという説もありますが、さすがにここでの保管ならそういうリスクも低いでしょうし。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1399)


CST DUAL+2 Speedway

私の所に届いたRENAULT PLATINUM MACH9は、CSTのDUAL+2 Speedwayというセミスリックのタイヤを履いてました。直径451mm、幅28mmのクリンチャータイヤで、チューブまでは確認していませんが、仏式バブルのものです。

自転車乗るのにまず必要なものは、空気入れです。空気が抜けたタイヤでは乗れません。

そこで、自転車をポチるのと時を同じくして、空気入れもポチることにしました。
空気入れも様々ありますが、今回のMACH9は「旅する自転車」がコンセプトなので、空気入れも一緒に旅する可能性を考えて、ポータブルなものから選ぶことにしました。

検索していろいろ見て、最終的に選んだのが右のリンクのもの。
Road Wishというブランドのミニフロアポンプ-エアゲージ付【RW-CPT88】です。
ポチった時の価格は2,180円でした。


CST DUAL+2 Speedway

パッケージ外したらこんな感じ。
全長300mmで、重さは220g(専用ブラケットと英式トンボ込み)。
専用ブラケットは、ねじ止めか付属の結束バンドでフレームに固定できるようになっているので、常に自転車に取り付けておくことも可能。
MACH9号はフレームに1ヶ所しかねじ止めできるところが無くて、そこはボトルケージが装着されているので、どうしても必要なら結束バンドを使うか、別途バッグに入れて持って行くかというところ。

展開してセット

折り畳まれた部分を展開してセットすると、こんな感じになります。
ポンプ部分の下部は、足で踏んで固定できるようになっていて、上部のハンドル部分も握りやすいので、上からしっかりと体重をかけて押せるようになっています。
これ、意外と大事なところ。

推奨空気圧

履いているタイヤの推奨空気圧は、タイヤのサイドに書かれているのですが、80-100psi(5.5-6.8 Bar)。ママチャリと違って、結構高い圧力で空気を入れる必要があります。

手で押すだけの携帯式空気入れだと、うまく力が入れられずにこの空気圧に達しないこともあるのですが、下部を地面に固定しておいて上から体重を利用して押せると楽なのです。

エアゲージ

もうひとつ大事なのが、エアゲージ(気圧計)が付いていること。
これがないと、適正な空気圧で入れられたかどうかわかりません。
タイヤを指で押してだいたいの気圧がわかるほどの達人でもないし。

90psi

今回は、推奨空気圧の幅の中間、90psiまで入れました。
小さいエアゲージですが、しっかり確認できて、なかなかの優れもの。

バブルは、仏式、米式、英式の全てに対応できて、上記のように使いやすくポンピングの回数も予想していたより少なくて済みますし、しまう場所も取らないので、なかなか良い買い物だったと思います。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1790)


アイロン台

家事は全般こなせて、特に苦手とかはありません。
もちろん、面倒くさいことは多いので、やらずに済めばそれにこしたことはないと思ってますが、やらざるを得ないこともしばしばあり、その時に「できない」で逃げてしまうよりは、できた方が良いなと思います。家計的にも、最近流行のSDG's的にもね。

家事の中で、料理は好きなのでよくやるんですが、滅多にやらないのが裁縫。
外れたボタンを付けたりは年に1回くらいはあったりしますけど、本格的な縫い物なんて、滅多に巡り会いません。
その裁縫にチャレンジする日がやってきました。

長年愛用しているアイロン台のカバー(アルミ蒸着の布)が劣化して破れてしまったので、カバーだけ買おうと思ってネットを探すもちょうど良いサイズが見当たりません。
仕方ないので、捨てられる運命にあった布団カバーを流用して、自作することにしました。

採寸

広げたシーツの上にアイロン台をひっくり返して置き、周囲をチャコペンでなぞって輪郭を描きます。

まちを4cm取る

周囲にゴムを入れて固定する予定なので、アイロン台の厚み+1.5cmで4cmのまちを輪郭の周囲に取ったら、その線に沿ってはさみで裁断します。

バイアステープを縫い付け

裁断終わったら、まずカーブしている部分にプリーツ入れます。
こうしないと、側面がうまくカバーできないので。
プリーツ部分を糸で留めたら、周囲をバイアステープでかがります。
バイアステープなんて、息子が幼稚園入る時にランチョンマットを作って以来、20数年ぶりに手にしました。
ミシンがあると楽なんですが、無いので、ひたすら手縫いです。波縫いで目が揃ってないのはご愛敬。

ゴム紐通し

バイアステープの表と裏を縫い終わったら、バイアステープの中にゴム紐を通します。
途中で紐通しから外れないように、ゴム紐の端は糸でかがって固定しました。

アイロン台カバー完成

ゴム紐を通して端と端を固定したら、アイロン台にフェルトのクッション載せて、カバーをかけて完成!
着手から完成まで4時間ほどかかってしまいましたが、その大半はバイアステープをちまちま縫っている時間でした。ミシンがあると楽だったのに…。

この後、早速ワイシャツにアイロンをかけましたが、スムースにかけることができました。
一度、カバー無しでアイロンかけたこともあるんですが、その時はフェルトがずれるのを直しつつで大変だったので、それに比べるとずいぶんと楽になりました。

まあ、昔と違って自分で服を作ったりすることはまず無いので、裁縫の腕前を披露することは希なのですが、みんな何で学校で裁縫を習うかというと、長い人生において、こういうことも生活の中では起こりうるからで、やっぱりできないよりはできた方が良いなと思います。
人に見せるわけではないので、上手で無くても良いけど、ひととおりの縫い方は覚えておくと損は無いなと。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1294)


マルちゃん正麺焼きそば1

今日の昼は家で一人だったので、ストッカーに入っていたマルちゃん正麺醤油味を焼きそばにアレンジしてみることにしました。

冷蔵庫を覗いて、具材は豚肉、ニラ、ピーマン、ニンジン、残り物のカット野菜を使うことに決定。

ピーマンとニンジンは細切りに、ニラは5cmほどにカット、豚肉(今回は切り落とし)も一口大に切り分けておきます。
熱したフライパンに油とみじん切りのニンニクを入れ香りを出したら豚肉を投入して炒め、そこに規定の3分間茹でて湯切りした麺を入れてしばらく焼き付けるように炒めます。
麺が炒まったら野菜を投入して更に炒め、サンバルソースと付属のスープで味付けしました。

なかなか美味しくて一気食い!

スープを全量使うとちょっと味濃いめになるので、3分の2くらいを使うのが適量かなと思います。

マルちゃん正麺焼きそば2

食べ終わって片付けたら、お腹を空かせた妻が帰ってきたので、ちょっとアレンジを変えて再度マルちゃん正麺焼きそばを作りました。

今度の具材は、豚肉、サニーレタス、ピーマン、ニンジンにしました。
味つけは、付属のスープ3分の2に、チリパウダーと島唐辛子を少々で気持ちピリ辛に。

皿に盛ってみじん切りにしたミョウガと小口ネギを散らしたら、半熟の目玉焼きをトッピングしてできあがり。
こちらもなかなか好評でした。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1577)


『趣味どきっ!』出演場面

5月19日(水)の21時30分から放映のあった、NHK Eテレ『趣味どきっ!』に、冷や汁エバンジェリストとして出演しました。

登場したのは、「伝統と革新!すぐ使える お弁当大百科 (8)『あったかひんやりスープ弁当』」がテーマの回。

もともと、番組の制作スタッフから宮崎県東京事務所に「冷や汁のことに詳しい人」の照会があって、東京事務所の担当の方から私を紹介いただいたとのこと。
ご紹介ありがとうございました。

「冷や汁」がどんな食べものなのかについての質問にお答えし、その一部が番組の中で使われました。
NHK的に「冷や汁エバンジェリスト」の肩書きはNGだったので、本業の肩書きで出てます。

また、新宿みやざき館KONNEの2階にあるレストラン「宮崎風土くわんね」の冷や汁も紹介され、料理長の森田さんが冷や汁を作る場面も登場しました。

番組の終盤で、料理研究家の渡辺あきこさんが出演者にお弁当用にアレンジした冷や汁を振る舞うシーンがあるのですが、そこで作られたのが、私が取材時にお話しした(放映では使われていませんが)豆乳で溶いた冷や汁でした。

5月25日(火)の15時34分からNHK総合1で、26日(水)の11時30分からNHKEテレ1で再放送の予定なので、見逃した方は是非!
また、NHKプラスでも見逃し配信があります。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1614)


ワインに合う!?おつまみ3種

カテゴリ : 
プライベート » 料理
執筆 : 
Dice 2021-5-15 23:00
タコとカラフル野菜のマリネ

今日の夕食は料理当番。
妻と息子がワインを飲みたいと言うので、ワインに合いそうなおつまみを作ることにしました。

1品目は、十八番(おはこ)のカラフル野菜のマリネ。
いつもは鶏砂肝を使うのですが、買い出しに行ったスーパーで売り切れていたので、今回はタコを使いました。
野菜は、ナス、赤パプリカ、黄パプリカ、ピーマン、キュウリに、シメジとサラダ豆を入れてます。

まずは、キュウリを1cm角に切って、軽く塩を打って水出ししておきます。

続いてパプリカとピーマンも1cm角に切って、耐熱皿に入れてラップをかけてレンチン2分で軽く火を通します。

タコ、ナスも1cm角に切り、しめじは1本ずつばらしたら、フライパンにたっぷりめのオリーブオイルを熱して炒め、軽く塩胡椒。

炒まったところに絞ったキュウリ、パプリカ、ピーマン、サラダ豆を加え、砂糖、粒マスタード、ぽん酢、米酢で味付け。今回は、普段は使わないバルサミコ酢も少し入れてみました。

このマリネ、作りたてよりも1日冷蔵庫で置いて翌日以降に食べる方がよく染みて美味しいです。
たくさんできたので、3人分取り分けたら、残りは密閉容器に入れて冷蔵庫へ。

自然薯と野菜の生ハム巻き

2品目は、自然薯とキュウリとニンジンの千切りを生ハムで巻いて、胡椒とEXVオリーブオイルをかけました。

自然薯は、先日、娘が八千代の道の駅で仕入れてきたものの残り。
大和芋や長芋など類似の芋に比べて水分が少ないので、細切りにしやすく、巻く際も扱いやすいです。

生ハムの塩気だけで十分で、しゃくしゃくとした野菜の食感と、ねっとりとした生ハムから染み出る美味さでワインが進みます。

キュウリとトマトのかつお味噌和え

3品目は、2品目で使ったキュウリが余ったので、キュウリとトマトを安藤水産(日南市)の「かつお味噌」で和えてみました。
かつお味噌はちょっと甘みが強いので、島唐辛子を少し振ってピリ辛感を加え、ごま油をまわしかけて香り付け。

最初の2品と味の方向性が変わって、箸休めに良い一品でした。

以上の3品に、豚スペアリブを「戸村焼肉のタレ」とロコモコソースを混ぜた物に漬けておいてオーブンで焼いて、メインとして出したのですが、何せ飲みながらだったので、写真撮らずに食べ尽くしてしまいました(笑)。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1383)


きしめんを使ったエスニック焼きそば

カテゴリ : 
プライベート » 料理
執筆 : 
Dice 2021-5-5 14:00
きしめんのエスニック焼きそば

冷蔵庫のきしめん(茹で麺)2玉で昼食を作るようにとの命を受け、具材を何にしようかと冷蔵庫を覗いてみたら、休業前に買っておいた川畑蒲鉾店(串間市)の「とび天(4枚入)」と、キャベツ、椎茸、ニラがあったので、焼きそばっぽくまとめてみることにしました。

以前、店のイベントで買ったシンガポール料理店「LAKASA」(宮崎市)の「サンバルソース」が冷蔵庫に残っていたので、上記の材料をこのサンバルソースで炒めて、白だしとナンプラーで味を整えたところに、茹でたきしめんを投入して更に炒めました。

味を見たら辛味が足りないので、激辛の島唐辛子を一振りして皿に盛り、上から刻みミョウガと刻みネギをふりかけて、エスニックな一品が完成。

とび天の甘味、サンバルのエビの旨味、島唐辛子の辛味、きしめんのもちっとした食感、刻みネギと刻みミョウガのシャクシャクとした食感、それぞれの素材の香り、いろんなものが渾然一体となって五感を楽しませてくれました。
思いつきで作った割には、良い出来だったと思います。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1376)


鶏軟骨炭火焼きラーメン

以前は休日の土曜とか日曜の昼にラーメンを作ることが多かったのですが、今の職場では火曜と日曜が週休日のシフトになっています。
しかも、4月29日から非常事態宣言の発出に伴う臨時休業に入って、週に3日ほどしか職場に顔を出していません。

そんなこんなの大型連休も終盤に入りました。
昨日も職場に行ったので、あんまり連休という感じはしませんが、今日の昼は息子と二人で食べることになったので、ありあわせの食材で、鶏なんこつ炭火焼とたっぷり野菜の醤油ラーメンを作りました。

鶏なんこつ炭火焼は、休業に入る前に店で買っておいた平和食品の製品。100g入りで254円とリーズナブル。

野菜は、冷蔵庫に入っていたにんじん、ピーマン、黄パプリカ、新玉ねぎ、もやし。
もやしは、一本一本、ひげ根を丁寧に取り除きました。これがもやしを美味しく食べる秘訣。
食べるのは一瞬ですが、仕込みには手を抜かない。

フライパンで鶏なんこつと野菜をさっと炒め、軽く塩胡椒を足しておきます。
鶏なんこつに味が付いているので、足さなくても大丈夫なくらいですが、それぞれの材料に味が入っている方が最終的に美味しく食べられるような気がします。

ベースの袋麺には、日清ラ王醤油を使いました。麺だけ別に4分茹でている間に、丼に小袋のスープを入れて熱湯を注ぎ、茹で上がりを待ちます。

麺が茹で上がったらざるに上げてお湯をしっかり切り、丼のスープの中に泳がせたら、炒めた鶏なんこつと野菜を上からトッピングして完成!

鶏なんこつのコリコリとした食感、野菜のシャキシャキとした食感で、噛むのが楽しいラーメンでした。
炭火焼のスモーキーな独特の香りも良いアクセントになっていたと思います。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1263)


GoogleTranslator
ブログ カレンダー
« « 2021 5月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
アーカイブ
本の購入はこちらから
カテゴリ一覧
もう読んだ?


  
Copyright (C) 2006 Dice@hidice All Right Reserved.