徒然日記 - 最新エントリー

エバンジェリストと学ぶ冷や汁の過去・現在・未来@福岡

世界初の冷や汁専門書『冷や汁万歳 復権!猖能瓩療租食』の刊行を記念して、9月7日に福岡市天神で「エバンジェリストと学ぶ冷や汁の過去・現在・未来」と題するイベントの開催が決定しました。

会場は、宮崎県都城市出身の顆純さんが経営するダイニングバー「TENJIN DINING MiST」。

1時間ほど冷や汁の過去・現在・未来についてのお話しを聞いていただいた後、3種の冷や汁の試食、参加者の交流という流れになります。
会費4,000円(税込)には、冷や汁や宮崎食材の料理とフリードリンクの代金が含まれます。

福岡で同種のイベントを開催するのは2019年9月以来3年ぶり。
50人は入れる大きな会場なので、たくさんの方の参加をお待ちしています。

詳細は、下記リンクから。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (94773)


冷や汁万歳

宮崎の(有)鉱脈社から、『冷や汁万歳 復権!“万能”の伝統食』が届きました。

この本は、元宮崎日日新聞記者の外前田孝さんとの共著で、「第1部 冷や汁彩々」を主に外前田さんが、「第2部 「冷や汁」温故知新」を主に私が執筆しました(一部それぞれの担当箇所があります)。

世間に広く流布している宮崎の冷や汁の鎌倉時代起源説が誤りであることを、フードアナリストとしての活動の中で発見し、その事実に加えて、冷や汁の未来を開く赤と白の冷や汁というアレンジレシピを広めようと、2018年から冷や汁エバンジェリストとして活動してきました。

そんな活動の中で出会った、元共同通信宮崎支局長の上野敏彦さんから、外前田さんを紹介され、二人で冷や汁の本を書くように勧められたのが、この本が世に出るきっかけとなりました。
原稿を書き始めてから3年余り、途中にコロナ禍で図書館での文献調査ができない時期があったり、外前田さんも私も、前職を退職して新たな環境を構築するタイミングが重なり、思うように筆が進みませんでしたが、上野さんの叱咤激励もあって、なんとか上梓にこぎつけることができました。
その上野さんからは、この本の巻頭言「究極の冷や汁本が完成」を寄稿いただきました。ここに記して謝します。

本は手元に届きましたが、実はこれからがスタートです。
まずは初版1,000部を売り切って重版がかかることが第一段階の目標です。最終的には、10,000部を超えると良いなと思っています。

何と言っても、これが世界で最初の冷や汁の専門書ですし、冷や汁という料理やその材料の歴史に関する文献調査にはかなりの時間を費やして参考文献等も記しましたので、後世の評価に耐えうる内容になっていると自負しています。
これを読めば冷や汁の全てがわかるという内容を、あまり小難しくなく読んでいただけるようにまとめたつもりです。

宮崎県内の書店の店頭には8月15日から並ぶ予定ですし、Amazonや楽天でも購入いただけます(Amazonはまだ「一時的に在庫切れ」になっていますが)。
少し時間はかかりますが、Kindleにも対応いただく予定になっていますので、電子書籍の方がという方は、しばしお待ちください。

幸いにもお読みいただけたら、忌憚ないご意見をいただけるとありがたいです。
また、できることなら、Amazonレビューへの投稿や、SNSでの拡散などで、販売にご協力いただければ望外の喜びです。
冷や汁の未来のため、よろしくお願いいたします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

冷や汁万歳 復権!“万能”の伝統食
価格:1650円(税込、送料別) (2022/8/12時点)


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1348)


冷や汁本POP

元宮崎日日新聞記者の外前田孝さんとともに取り組んでいた冷や汁本が、ようやく完成して上梓されることになりました。

8月12日出荷予定の本の書名は、『冷や汁万歳 復権!“万能”の伝統食』。宮崎市にある出版社・鉱脈社の発行で、定価は1,650円(税込)となります。

2019年に、外前田さんから出版の話を持ちかけられて3年余、途中でコロナ禍で動けない時期があり、外前田さんも私も前職を退職して新たな環境の構築などもあったため、本当に出るのか危ぶまれたりもしましたが、なんとか出版までこぎつけることができました。

冷や汁について書かれた専門書は、冷や汁エバンジェリストの私が知る限り、これが最初だと思いますの、「世界初!」と言い切ってしまいます。

外前田さんによる宮崎県内や全国各地の冷や汁の取材記事から、私が担当した冷や汁の歴史や、その材料となる味噌、豆腐、魚、キュウリ、シソ、ミョウガの歴史や効能など、かなり突っ込んだ内容となっていますので、結構面白く読めると思います。

初版1,000部なので、全国どこの書店でも買えるという訳には行かないと思いますが、是非とも手に取っていただけると幸いです。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1306)


この一年、日曜日は出勤日だったので日曜日にラーメン作ることはほとんど無かったのですが、4月からフリーになったので、早速、昼食に家族3人分のラーメンを作りました。

桜井食品純正ラーメン
画像:桜井食品Webサイトから

ベースは、ストッカーに入っていた、桜井食品株式会社(岐阜県)の「純正ラーメン」
動物性原料を使わず、国産小麦100%の無かん水麺を植物油で揚げてあり、スープも野菜エキスや発酵調味料、昆布粉末、落花生粉末などであっさりと仕上がっています。
パッケージには「素朴な味をお楽しみください」とありますが、最近のラーメンに慣れていると、やっぱり物足りなさは否めないので、これをどう料理するかが腕の見せ所。

パクチーたっぷりのエスニック風ラーメン

冷蔵庫にあったもやしのひげ根を取ってから軽く茹でておき、妻が作っていた豚バラ肉の低温調理チャーシューをスライスし、パクチーも刻んで準備。

たっぷりのお湯で麺を2分茹でる間に、丼に付属の粉末スープをあけて熱湯を注いでスープをつくっておき、茹で上がった麺を湯切りしてそのスープに泳がせ、もやし、チャーシューをトッピングしたら、パクチーをたっぷり載せて食卓へ。

味見をしたら案の定薄味であっさりしているので、サテトムを小さじ半分ほど加えて、旨味と辛味を強化したら、東南アジアの屋台で食べるような、薄味で細麺のエスニックなラーメンとなりました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2504)


新宿みやざき館KONNEで1月28日から2月3日まで開催されていた「北から南まで!みやざき地域リレーフェア(高岡町)」に出品されていた高岡文旦の香りがとても良かったので、チェッロを作ろうと1個分の皮を薄めに剥いて、万が一のアルコール消毒用に買い置いていた「スピリタス」(500ml)に1週間ほど漬けておきました。

高岡文旦の皮をスピリタスに漬ける

チェッロを作るのは、2019年3月の日南星チェッロ同年5月の日向夏チェッロに続いて3度目なので、手順は慣れたもの。

グラニュー糖500gを1リットルの浄水に溶かしてシロップを作り、そこに高岡文旦のエキスが溶け込んだスピリタスを混ぜ合わせ、煮沸消毒しておいたガラス瓶に詰めて、ラベルを貼ってできあがり。
今回は、自宅にあった空き瓶を使ったので、ちゃんとしたのは3本だけですが、今回もなかなか良い感じに出来上がりました。

高岡文旦チェッロ

できたてをショットグラスで少しいただいてみましたが、シトラス特有の爽やかな香りに、酸味とかすかな苦み、砂糖の甘みのバランスも良く、くいくいいっちゃいそうです。
アルコール度数は、計算上30度くらいあるはずなので、自制しないと危ないのですが。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2647)


2022年最初の読書録は、昨年末から年明けにかけて全7巻を読んだ『僕はコーヒーがのめない』(福田幸江原作・吉城モカ作画・川島吉彰監修、小学館ビッグコミックス)

第1巻の初版が2014年7月ということもあって、全巻をコミック版で揃えることができず、5巻までコミック版を中古で買って、6巻と7巻はkindle版になりました。

7年も前のマンガを何故今頃?とお思いになるかも知れませんが、職場で飲むコーヒーのドリップパックをAmazonで検索していた時に、候補の下の方にふと出て来て興味を持ったからなのでした。
何しろ2017年には、神戸のUCCアカデミーまで行ってコーヒーの基礎を勉強してきたくらいのコーヒー好きでもありますし、フードアナリストとしても知識のアップデートが必要なので、とりあえず読んでみようとポチった次第。

本作を監修している川島良彰氏は、コーヒーハンターとして世界50カ国以上のコーヒー農園を渡り歩くコーヒー豆の専門家であり、その知見が本作にも反映されているので、現代のコーヒー事情をよくざっくりと理解する入門書として良くできているなと思います。

豆の焙煎、淹れ方、淹れるための様々な道具とその特性などなどはもちろんのこと、コーヒーの木に花が咲き、実が付いて、それがコーヒー豆となって出荷されるまでのプロセス、コーヒー農園や産出国の事情、フェアトレード、エシカル消費などにも触れられているので、シリーズ7冊読了したら、それなりにコーヒー通になるのは間違いありません。

コーヒー好きな人にもそうでない人にも、楽しんで読んでいただけるマンガです。☆☆☆☆
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3108)


2022年の幕開けにあたって

カテゴリ : 
プライベート
執筆 : 
Dice 2022-1-1 21:52
2022干支皆様、明けましておめでとうございます。

2ヶ月ブログの更新をさぼっていたので久しぶりになりますが、2022年の幕開けに当たって、昨年の反省とともに今年の抱負を記しておきます。

2020年4月から新宿みやざき館KONNEの運営に携わることになりましたが、20年に続き21年も新型コロナ感染症に振り回された一年となりました。

3月までは前年を上回る売上げ実績でしたが、4月末から5月末まで臨時休業、6月に営業再開後も10月8日まで時短営業を余儀なくされました。更に8月に入って感染者数が急拡大し第5波となって戻りかけた客数が再び減少に転じるなど、年間を通して厳しい店舗運営を強いられました。

しかしながら、着任以来取り組んでいる新商品の積極的な導入や丁寧な商品説明、店内イベントの活性化など地道な努力の結果、総売上は前年比109.9%となりました。

一見良さそうな数字ですが、前年は2ヶ月も休業していて営業日数も少ないので、上回って当然とも言えます。
コロナ禍で減少した客数もなかなか従前のようには戻っておらず、収束の目途もついていないので、回復にはそれなりの年月がかかることを覚悟した方が良いでしょう。

それでも、客単価が当面の目標である1,450円を上回ってきていることは明るい兆しで、取り組んできている施策の方向が間違っていないことを示していると思います。

2022年は、引き続きこれまでの方策を地道に継続するとともに、スタッフが明るく楽しく働けて、自主性を発揮できるように、裏方の支援をきちんとやっていきたいと考えています。

今年は3月に還暦を迎える節目の年で、3月末で定年退職となります。
我ながら、よく定年まで続いたなと思いますが、その後どうなるのかは現時点では決まっていません。
今の職場での改革はまだ道半ばであり、やり残していることも多いので、できればそのまま継続できるのがベストだと思うのですが、前例の無いことなので、どうなりますやら。
どうなるにしても、3月まではしっかりと将来を見据えた道づくりに邁進したいと思います。
その先のことは、また改めて。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3233)


DUNE / デューン 砂の惑星

カテゴリ : 
映画
執筆 : 
Dice 2021-10-26 17:37


週休日の火曜、予定していたWebセミナーが流れてぽっかりと時間が空いたので、これ幸いとシネマイクスピアリに映画を観に行ってきました。

数ある上映中作品の中から今回選んだのは、『DUNE / デューン 砂の惑星』

原作は、1965年に発表されたフランク・ハーバートのSF小説"Dune"(邦題は『砂の惑星/デューン』。
砂に覆われた惑星アラキス(通称デューン)を舞台に、銀河帝国を治める皇帝と、その臣下であるハルコネン家とアトレイデス家の三つ巴の権力闘争を縦軸として展開される一大叙事詩です。
後のいろいろな作家や作品に影響を与えた小説で、宮崎駿もその一人であることは間違いないと思います。この映画を観て、宮崎駿的な匂いを感じる人も少なくないことでしょう。

何度か映画化が試みられたのですが、原作のあまりの壮大さに制作が難航し、最終的にデイビッド・リンチ監督で映画化されたのが1984年。
ポリスのボーカルだったスティングがハルコネン家の一員として出演しており、ポリス好きだった私も劇場まで足を運びましたが、壮大な物語を2時間の枠の中に収めるためにかなり無理な編集をしていてわかりづらく、いまいちな仕上がりでした。

今回の映画は、『ブレードランナー 2049』(2017年)の監督を務めたドゥニ・ヴィルヌーヴが監督したもので、155分の作品ですが、映画の冒頭で"Dune: Part One"と表示され、1作では完結しないことが知らされます。
本作の公開前は続編の作製にゴーサインが出ていなかったので、私も含め1話で完結しないことを知らなかった観客が大半で、そこで評価が低くなったりもしていますが、デイビッド・リンチ版より格段にわかりやすく(それでも原作を知らないとわかりづらい面もありますが)、SFX、衣装やメカのデザイン、音楽なども壮大で、よく出来ていると思います。

しかし、重層的で壮大な物語のほんのさわりの部分で本作品は終わってしまうので、その点では不満が残るでしょうね。
一応、2023年10月に"Dune: Part Two"が公開されることは決まっているようなので、次作の公開が待ち遠しいです。

フランク・ハーバートの砂の惑星シリーズは、1965年の"Dune"から1985年の"Chapterhouse : Dune"(『デューン/砂丘の大聖堂』)まで6作(更にその息子のブライアン・ハーバートとケヴィン・J・アンダーソンとの共作で派生作品が10作以上)あるので、2作と言わず、STAR WARSシリーズのように長く続くシリーズになって欲しいなと思います。
それだけのポテンシャルのある作品であると、本作を観て強く感じました。
 
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4012)


アレンジレシピコンテスト大賞

COVID-19の影響で2021年に延期開催となった「国文祭・芸文祭みやざき2020」のプログラム一つとして、「みやざき郷土料理アレンジレシピコンテスト」が開催されました。

「宮崎の食文化」についてもっと知ってほしい!ということで、家庭から参加できる郷土料理のアレンジレシピをコンテストという形で集め、宮崎の食文化の多様性や県産食材の魅力を発信していくという意図の元に行われたものでした。

冷や汁エバンジェリストとしては、宮崎の郷土料理の代表である「冷や汁」で勝負するのは当然ということで、8月某日、Webの応募ページから写真とレシピを送りました。

赤の冷や汁と白の冷や汁

送ったレシピは、もちろん、「赤の冷や汁(Hiyashiru di Rosso)と白の冷や汁(Hiyashiru di Bianco)」。
どちらかひとつではなく、赤と白の2つでアレンジ料理としての広がりを示すところが大事なところ。

味には自信があったので、そこそこいいとこ行くかなと思ってはいたのですが、10月15日にもたらされた選考結果は、なんと大賞!でした。

審査員の皆さんがどんな感想を持たれたのか、講評が気になるところですが、とりあえずこれまで努力してきた結果が認められて、本当に良かったです。
これを糧に、こんごも冷や汁エバンジェリストとして精進していきたいと思います。

大賞受賞の応募レシピはこちらから。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4222)


ノイズキャンセリングイヤホンを導入

カテゴリ : 
プライベート
執筆 : 
Dice 2021-9-28 10:00
3年前に安価な中国製のワイヤレスイヤホンを購入して、主に通勤時などにスマホ経由の音楽ストリーミングを聞くのに使ってきました。

ところが昨今、オンラインミーティングなどの機会が増えてきて、多いときには週に3〜4回という感じになってきました。
ミーティングに参加する際に、そのワイヤレスイヤホンをPCに接続して使おうとすると、そばにあるスマホとの接続をいちいち切らなくてはならなかったり、音は聞こえるけどマイクがうまく作動しなかったりということがあって、スマホとPCでイヤホン変えた方が楽かもと思い、暇なときにちまちまと、何が良いのかリサーチかけていました。

そうするとタイミング良く、Ankerのノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホンSoundcore Life A2 NCが、Amazonのタイムセール祭りで9,990円が6,993円とお安くなっていました。

事前のリサーチでも、1万円以内で購入できるNCワイヤレスイヤホンとして、評価は悪くなかったので、渡りに船とポチってみました。
もちろん、もっと評価の高いNCワイヤレスイヤホンはいろいろあるのですが、価格もそれなりにしますし、高音域や低音域の音質がどうこうと気になる耳を持ち合わせている訳でもないので、手を打つにはかなり魅力的なタイミングと価格だったのでした。

Soundcore Life A2 NC開封

ポチった翌日には届いたので、早速開封。
箱は、縦160mm×横102mm×厚さ53mm。その中の黒色のプラスチックモールドには、イヤホン本体の入ったケース、交換用のイヤーチップ(XS/S/L/XLの4種)とイヤーウイング(S/Lの2種)、充電用USB-Cケーブル、説明書が収められています。

イヤーチップとイヤーウイングは、本体にはMサイズのものが取り付けられているので、自分の耳の大きさに合わせて適当なものに交換するのですが、とりあえずはMサイズのままでしばらく様子を見ます。

ケースを開いた様子

クラムシェル型のケースは、アバウトな実測で縦58mm×横72mm×厚さ27mmくらい。
開けるとこんな感じでイヤホンが収められています。
公称では、イヤホン本体だけで7時間、ケースに入れて充電すると35時間の使用が可能とのこと。ちょっとした長旅でも十分な再生時間ですね。

耳に装着した様子(横から)

耳に装着したサイズ感はこんな感じになります。
ノイズキャンセリング用のマイクと長時間再生用のバッテリーがある分、これまで使っていたワイヤレスイヤホンよりは大きくなりますが、これでも十分に小さい方だと思います。

耳に装着した様子(前から)

前から見るとこんな感じになります。

ケースを開けるとイヤホンの電源が自動的に入り、事前にBluetoothでペアリングしておいた機器に自動的に接続します。
細かい設定は、Soundcoreのスマホアプリで行うようになっているので、最初にアプリをダウンロードしてアプリを立ち上げてからスマホと接続し、必要な設定を行った上で、その他の機器と接続する必要がありますが、最初に設定してしまえば、あとは特に意識しなくても使えます。

室内で耳に装着してみてまず感じたのは、周囲の音が消えて、自分の心臓の鼓動が聞こえるようになったことでした。
周囲の音が完全に消える訳ではありませんが、かなり低減されるので、ノイズキャンセリングの威力は必要十分だと思います。

低音のズンズンとした存在感がこれまでの安いイヤホンとは大きな違いで、高音とのバランスも良く、音楽鑑賞でも十分に満足できる音質だと思います。
必要なら、スマホアプリの8軸イコライザで好きな音質に調整できるので、音にうるさい方でもそれなりに満足いただけるのではないでしょうか。

これ以上は、しばらく使い込んでみないとわかりませんが、1万円以下、実質7,000円ほどで購入したイヤホンとしては、実に満足できる買い物でした。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3942)


GoogleTranslator
ブログ カレンダー
« « 2022 12月 » »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
本の購入はこちらから
カテゴリ一覧
もう読んだ?


  
Copyright (C) 2006 Dice@hidice All Right Reserved.