北郷町立図書館

北郷町立図書館

訪問日:2001年9月26日(水)

外観01

 南郷町立図書館を訪問した後、途中で昼食を摂って、北郷町に向かいました。ぐずついた天気で、小雨が降ったり止んだりでしたが、着いた頃にはなんとかあがってくれました。
 北郷町立図書館の場所は、北郷町役場の前を東に入って、左手に役場、農村センター、ふれあい交流センターを見ながら走ると、その隣、幼稚園の手前にあります。私は以前から知っていたので迷いませんでしたが、初めて行かれる方は、北郷町のサイト宮崎県立図書館のサイトにある北郷町立図書館の地図を参考にされると良いでしょう。


外観  ふれあい交流センターの方(西側)から見た外観。写真右に駐車場。
 RC造平屋の建物で、延べ床面積は760.70屐J斌未藁瓦様のタイル張りになっていて落ち着いた雰囲気。
 現在の建物のオープンは、1989(平成元)年8月8日。


入口  正面の入口へ。
 階段を3段上がるが、車椅子用には、この右手にスロープがある。
 入口は左右開きの自動ドアになっている。普通なら、このあたりのどこかに返却用のブックポストがあるのだが、見える範囲には無い。


返却ポスト  おかしいなと思って右手を見てみると、数メートル離れたところにありました、「図書返却口(夜間・休館用)」の表示。
 下の写真のように、取っ手のついた蓋があるので、いったん取っ手を持ち上げて開口部に本を入れるようになっている。この返却口の裏側に図書館の事務室がある。


風除室  入口の自動ドアを開けて中にはいると、風除室で、更にもう1枚自動ドアがある。
 この右手の壁には、「利用あんない」が掲げられており、「開館は午前9時から午後5時、休館日は毎週月曜日、第3日曜日、毎月1日、国民の祝日、年末年始」などとある。休館日が少々多いような気もするが、専任1、兼任2、臨時2.8人という少ない職員態勢なので、やむを得ないところか。


自由に関する宣言  右のガラス面には、「図書館の自由に関する宣言」のポスターが掲示されていた。
 目につきやすい所に、きちんと掲示してある姿勢が嬉しい。自由に関する宣言をきちんと実践するのは、実は難しいことなのだけど…。


入口横の展示架  さて、いよいよ館内に。
 入口を入るとすぐ左手の壁際に、「よんでみたいなこの本」という展示架が。5段の棚に、本と鉢植え、小物などが並べられている。


 正面のホールには、会議用の長机を2つ並べたものに、レースついたのテーブルクロスをかけて、展示台がしつらえてある。訪問したときに展示されていたのは、「東南アジアがわかる本」。
 上の写真の展示架と、この写真の展示台、特別なものではなく、あり合わせの材料でしつらえられているのだが、それだけでなんとなく図書館職員のセンスを感じさせる。


 館内の配置は、下の図(いただいた利用案内からスキャン)のようになっている。図面の上が北になる。東と北に比較的開口の大きな窓があり、閲覧室の西側壁面上部にトップライト用の窓が設けられている。

 設計は、日南市のU建築設計室、家具は基本的にキハラ製である。
 配置図は少し古く、実際には、企画展示室は「おはなしの部屋」として使われており、AVコーナーは右下の児童コーナーの奥に移され、AVブースのあった辺りは、書架が配置されている。


入口横の展示架  ホールから右手を覗くと、右手前にカウンターがあり、奥に開架閲覧室が広がっている。
 開架閲覧室部分は400屬曚匹世隼廚錣譟△海犬鵑泙蠅箸靴織好據璽垢頬椶ぎっしりと詰まっているという印象を受ける。



児童コーナーへ 一般書コーナーへ その他
プリンタ出力用画面 友達に伝える
GoogleTranslator
本の購入はこちらから
もう読んだ?


  
Copyright (C) 2006 Dice@hidice All Right Reserved.