串間市立図書館

串間市立図書館

訪問日:2001年3月10日(土)

外観
 久しぶりに自由な時間ができたので、思い切って宮崎県最南端の串間市立図書館へ足を延ばすことにしました。串間市立図書館は、図書館家具の改良・普及に力を入れておられる長崎の平湯文夫先生の設計された家具を、宮崎県内で最初に導入した図書館で、ベテラン司書の又木さんを初めとして、図書館サービスもしっかりしているとの情報を得ていたので、一度訪ねてみたいと常々考えていました。
 3月にしては冷え込んだ日が続いて風邪気味だったため、どうしようか躊躇しましたが、天気も良さそうなのでドライブがてら国道220号線を南下しました。
 途中の南郷町で昼食を摂り、昼過ぎに串間市へ。図書館の場所はJR串間駅の裏手、文化会館などと同じ敷地に建てられています。事前に同館のWebサイトで場所を確認しておいたので、特に迷うことはありませんでした。



玄関  現在の串間市立図書館は、平成4年11月10日に完成し、平成5年4月18日に開館。総事業費は3億1,484万8,000円で、うち2億2,990万円は起債。
 RC2階建で、1階が641.00屐■桶が218.09屬如合計859.09屐市の推計人口が2万3,625人(2001年1月1日現在)だから、規模としてはさほど大きくない。



返却ポスト  玄関の左手にある返却ポスト。この裏が事務室になっており、この左手にはBM(Book Mobile:移動図書館)の車庫がある。



入り口から奥を望む  入り口から入ってそのまま奥の方を見ると、こんな風景が広がる。
 柱や壁面には、材の丸みを残した杉材が張られ、木製の書架や家具と相まって、暖かみのある落ち着いた雰囲気になっている。




平面図

 設計は、宮崎市内にある「コラム設計(有)」で、上の図面が平面図。
 画面の左が南で、画面上が西に当たる。東西の面に比較的開口の大きい窓が配置されているため、朝日や西日が館内に直接入りやすいので、窓のブラインドは必需品のよう。訪問時も、途中で西側のブラインドが閉められた。この辺は、設計時に太陽光の角度を考慮しなかったためだろう。直射日光が直接資料に当たると、色の退化が早いので、この辺はしっかり計算しておきたい。


階段からの俯瞰  2階に上る階段の途中から、館内を俯瞰してみた。
 写真が小さくてわかりにくいが、中書架には天板が無く、全体的に本が前面に出ているので、より以上に本がぎっしりという感じを受ける。
 開架蔵書は約4万。総蔵書数は、8万2,244冊(2000年3月末現在)で、うち約1万冊を団体貸出中。残りはBMと2階にある書庫に置かれている。



2階からの俯瞰  2階から下を覗くとこんな感じ。
 井桁に組まれた四角い枠が、天井から吊された照明(蛍光灯)。空調の関係でこれ以上下には下ろせないらしい。書架の配置と照明の配置がマッチしていない上に、書架よりやや高い位置に照明があるので、全体がやや暗いとのこと。
 串間市立は、建物の設計と家具の設計が全く別なので、こんなことになったらしい。これから作る図書館には、こういう細かい部分についても設計屋さんと十分にうち合わせして欲しい。



カウンター俯瞰  カウンター周りの様子を上から俯瞰。
 この日は、私の相手をしていただいた又木さんを含め3人の職員の方が勤務しておられた。
 カウンターの上には、貸出・返却用の端末が1台と、タッチパネル式になっている検索用端末が2台。カウンターの右端で女の子2人が何やら操作しているのが検索端末。



カウンター  入り口方向からカウンターを見ると、こんな感じ。
 カウンターに使われている木の質感と、他の家具の質感が違うので、これは平湯モデルではないはず。おそらく建築の一環で装備されたものだろう。



検索端末  カウンターの右端に並んで置かれたタッチパネル式の検索用端末。
 モニタの電源や画質の調整ボタンを触られないようにだろう、下部に紙で覆いがしてあるが、ガムテープで留められているのが、急造で不格好。折角なら、もう少し工夫が欲しい。
 それにしても、検索端末をカウンター上に2台並べて置く必要があるのか疑問。もう1台は別の場所でも良さそう。配線の関係があるのかも。



児童コーナーへ 一般書コーナーへ その他 串間市立図書館Webサイトへ
プリンタ出力用画面 友達に伝える
GoogleTranslator
本の購入はこちらから
もう読んだ?


  
Copyright (C) 2006 Dice@hidice All Right Reserved.