南郷町立図書館

南郷町立図書館

訪問日:2001年9月26日(水)

ハートフルセンター外観

 遅い夏休み(三連休)がとれて自由な時間ができたので、串間市に続いて宮崎県南部の図書館を探訪することとし、車で南那珂郡南郷町にでかけました。
 当日は、生憎の雨模様で、国道220号線を南下する途中で強い雨にも見舞われましたが、南郷町に到着する頃にはなんとか雨も上がりました。
南郷ハートフルセンター碑銘 南郷町の図書館は、外浦(とのうら)漁港に近い、「南郷ハートフルセンター」と呼ばれる複合施設の一角にあります。この町は両親の故郷でもあり、最近も仕事で何度も訪れているので場所はよく知っており、迷うことはありませんでした。初めて行かれる方は、JR南郷駅前から都井岬方面に行くと、右手に大きな建物が見えるのでわかるのではないかと思います。残念ながら、今のところ図書館のホームページはありませんので、南郷町のWebサイトを参考にしてください。


案内図  少しわかりにくいが、駐車場近くにあったハートフルセンター案内板の拡大写真。
 上の外観写真と併せて見て、中央のふれあい広場をはさんで、左側が「文化会館」、右側が「生涯学習館」となっており、図書館は「生涯学習館」の1階の南側(案内板では下側)にある。
 開館は1995(平成7)年12月で、図書館部分の延べ床面積は628屐設計は、ハートフルセンター全体で、宮崎市にある株式会社宮崎設計とのこと。



ふれあい広場  ハートフルゲートをくぐると、正面には「ふれあい広場」が広がっている。かなり広い空間で、ここでもいろんなイベントができそう。


文化会館  左手にあるのが「文化会館」。音響施設の立派な801席の大ホールと300席の小ホールを持っており、コンサートや演劇、講演会など各種のイベントが行われる。


生涯学習館全景  「ふれあい広場」をはさんで、「文化会館」の反対側に建つのが「生涯学習館」。


生涯学習館入口  ハートフルゲートをくぐり、ふれあい広場を通って「生涯学習館」の入り口へ。
 アプローチから3段上がっているが、車椅子の場合は写真の右手からスロープがある。



生涯学習館エントランス  玄関を入ると吹き抜けになっており、白い壁面で明るい。
 右手に見えるガラスの奥が図書館。左手は美術・資料展示室で、奥には教育委員会の社会教育課が同居している。
 2階には上がらなかったが、大研修室、視聴覚室、調理実習室、和室などがあり、様々な学習活動で利用されているらしい。



図書館入口  図書館の入り口。両開きのガラス扉だが、開閉は自動ではない。閉まっている時に車椅子で来るとちょっとつらいかも。
 ガラス面が大きいので中がよく見えるが、「図書館」表示は扉の上に小さく出ているだけ。もっと大きく暖かみのある表示があっても良いと思う。
 入り口の右側には移動式の返却ボックスがある。



カウンター  入り口を入ると左手にカウンター。長い直線のカウンターで、ちょっと機動性悪し。
 写っているのは、この図書館唯一の専任職員で司書資格のある崎村さん。この他に、統計上は兼任職員が2人と非常勤職員2人(うち司書資格あり1人)がいるが、兼任職員は教育委員会の他の業務を主に担当しているので、実質は3人でこの図書館を運営している。基本的に土日祝日も開館しているので、代休の割り振りなど大変だと思う。この人数では、館内の書架整理もままならないし、余裕がない状態ではないかと思う。ご苦労様である。大変さがわかるだけに、ここではちょっと辛口の批評は書きづらい。
 図書館をつくるのは結局のところ「人」なので、町当局には、職員配置をもっと検討して欲しいところである。小さい町ではあるので、役場も大変なのだろうが…。


入り口から右手奥を望む  入り口から、右手奥の方を見るとこんな感じ。
 入ってすぐの所に、2つの木製のテーブルの上に図書館お奨めの本が所狭しと並べられ、その奥に書架が並ぶ。内装が白で、ガラス窓に囲まれているので、館内は明るい印象だが、天井がやや低い感じ。
 2階が乗っているので構造上やむを得ないのかもしれないが、中央の太く丸い柱が閲覧室の造りとしては邪魔。うまくやれば、設計の段階で書架配置などと併せてうまく処理できたのではないかと思うが、どうにも発注者側からの要求はなく、とりあえず四角い空間だけを置いてしまったという感じがする。このあたりが、複合施設にありがちな安易さか。複合施設でも、ちゃんと考えれば良いものはできるのだが…。



児童コーナーへ 一般書コーナーへ その他
プリンタ出力用画面 友達に伝える
GoogleTranslator
本の購入はこちらから
もう読んだ?