志布志町図書館

志布志町図書館

訪問日:2001年3月10日(土)

外観
 串間市立図書館の又木さんの、隣町なので是非とも観て帰るようにとの勧めに応じて、串間市から足を延ばしました。
 場所は、志布志の町役場を目印に、役場の前の道路を右手に折れ、結構急な坂を上った頂上にありました。役場の裏手の山の上といった位置関係でしょうか。
 淡いピンク色のタイルが張られた外壁で、屋根は銀色です。写真では、逆光のために少々わかりにくいですね。平成9年9月24日に開館した、比較的新しい図書館です。

※ 志布志町は、2006(平成18)年1月に市町村合併により「志布志市」になりました。



玄関  広い歩道には花壇もしつらえられてるが、こんなに広い歩道が必要には見えなかった。きっと、張り出している3つの閲覧スペースの窓から見える効果を計算しているのだろうと解釈。



駐車場入り口  駐車場の入り口にかかるアーチ。左側の図書館本体の壁から一体で続いている。写真では逆光だしモアレがかかっているためによくわからないが、ピンク色のタイルである。ここまで壁が必要な理由がよくわからなかったが、なんとなくなまめかしくて、ラブホテルの入り口を連想してしまった私は不謹慎?。



駐車場から入り口へ  駐車場から図書館の建物を見ると、こんな感じ。通路を奥に入って行くと出入口(裏口と言うのかな)がある。通路の右手には、「野外集会広場」と名付けられたスペースが設けてある。左側の棟が一般図書コーナーになる。



駐車場からの通路  駐車場からは、こんなコンクリート打ちっ放しの列柱の通路を通って行く。やや狭い感じがするし、個人的にはあんまり好きになれない。設計上こうせざるを得ないなら、せめてアイビー(蔦)などの植物を這わせてコンクリートの冷たさを消したいところである。



返却ポスト  駐車場の一角、駐輪場の屋根の下に据えられた返却ポスト。見た瞬間、何故こんなところに?と思ってしまった。返却された図書をここから館内に運ぶのは結構大変だろうし、車で来た利用者が最も利用しやすい場所とも思えない。
 正面玄関の横には、建物に作りつけで返却ポストが設けられているので、車で返却に来る利用者のために後から設置したのだろうが、この分駐輪スペースも減るし、ちょっとお粗末。こんなことにならないように、利用者の動線をよく考えて設備を設置したい。



正面玄関  こっち側が正面玄関。ポーチの庇の部分には、「志布志町図書館」の文字。



返却ポスト  玄関の自動ドアを開けて、いよいよ内部へ。



案内板  玄関を入るとすぐのところに「館内ご案内」と書いた案内板が立っていた。「ようこそ図書館へ」の文字の下には、「本は、町内に住んでいるか、通勤通学している方ならどなたでも無料で借りられます。町外の方は職員にお訪ねください。」とある。町外の人である私は、「職員に尋ねる」か「職員を訪ねる」か、どっちかだとツッコミたくなった。
 それはそれとして案内を良く読むと、本は1人5冊まで15日間借りられるらしい。



平面図  内部の平面図はこうなっている。上の案内板の配置図とは向きが逆だが、こちらは、カウンターでいただいたパンフレットから取り込んだ。
 図の右が正面玄関で、左に駐車場がある。方位は、おそらく上が北だと思うが、多少左右にぶれているかもしれない。
 設計事務所がどこなのかをカウンターで尋ねたが、「わかる者がいない」とのことで、それ以上調べてはいただけなかった。残念。
 パンフレットからわかるデータとしては、延床面積1,278屐蔵書のキャパシティは10万冊(閉架書庫含む)。開館時間は9:00〜18:00、休館日は月曜日、国民の祝日のほかに年末年始。



玄関から奥へ  案内板から目を転じて、正面奥を望むとこんな感じ。天井が高く、白い壁に、木製書架が奥まで続いている。左上の天窓にはステンドグラスがはめ込まれ、雰囲気はなかなか良い。



玄関から奥へ  目を左に転じると、カウンターがあり、その奥には児童コーナーが。「こどものくに」と書かれた白いアーチが目を引く。
 カウンターは、この写真ではよくわからないが、3つの短いカウンターに分割されており、職員が館内にすぐ出て行けるようになっている。



児童コーナーへ 一般書コーナーへ その他 志布志町図書館Webサイトへ
プリンタ出力用画面 友達に伝える
GoogleTranslator
本の購入はこちらから
もう読んだ?