群馬県吾妻郡図書館

吾妻郡図書館

訪問日:2001年10月18日(木)

ツインプラザ看板  仕事関係の会議に出席するために、群馬県吾妻(あがつま)郡中之条町に出かけました。昼過ぎに到着した会場は、「ツインプラザ」という名称の吾妻郡生涯学習複合施設で、多目的ホールを持つ学習センターと図書館が一緒になった吾妻広域町村圏振興整備組合の複合施設でした。
 場所は、JR吾妻線中之条駅から中之条第一小学校の横を通って徒歩で15分ほど。  開会より1時間ほど前に着いたので、開会までの短い時間で慌ただしく図書館の方を取材。カウンターに居合わせた職員の方の許可を得て館内をデジカメで撮影し、少しだけ話を伺いました。


外観  中之条駅のほうから歩いて行くと、高低差のある敷地に立つ青灰色の「ツインプラザ」が見えて来る。
 向かって左側が図書館棟、右側が生涯学習センター棟で、2階部分でつながっている。写真で見えてりる2階部分には、会議室、研修室、和室などがある。
 こちらから側からは車椅子でのアプローチはできないが、奥の方に1階と同レベルの駐車場があり、そちらから入ることになる。


シビックホール外観  階段の下から左側を見上げたところ。ガラス張りの部分は、図書館棟の「シビックホール」と称される部分。


1階部分外観  階段を上って、1階部分に到達。写真の左端、暗くなっている部分が図書館への入口。奥に閲覧室のガラス面の開放が見える。
 方角としては、奥が北、右手が東なので、ガラス面の開放は東を向いていることになる。


図書館入口  いよいよ図書館の入口。木製の自動ドアを開けて中に入ると、風除室で、更にもう1枚ガラスの自動ドアがある。


返却ポスト  入口の周辺に返却ポストが無かったので、おかしいなと思って辺りを捜索。入口の左手、陰になっている部分の壁面に、このように作り付けてあった。入口の前に立っていては絶対に見えない位置にあって、これではちょっと不便。おそらく、返却された本を処理する職員の方も、カウンターから遠いので不便だと思う。


返却ポスト

 館内にあった案内板をデジカメで撮ったものなので少々わかりにくいが、図書館1階の平面図。直角三角形の長辺が円弧になった形状をしており、この図では、右が北、左が南、上が西、下が東になる。
 オープンは、2000(平成12)年4月15日。いただいたパンフレットから数字を拾うと、12,476.32屬良瀉鰐明僂法◆屮張ぅ鵐廛薀供廚箸靴討留箴果明僂5,818.19屐図書館部分の面積は不明。開館時の蔵書数が5万6,000冊で、最大で13万冊の収蔵が可能とのこと。書庫の収蔵能力が6万5,000冊と聞いたので、開架は最大で6万5,000冊となる。
 左側のとがった部分が「シビックホール」と呼ばれる部分。中央やや左に入口から続くエントランスホールがあり、右手に閲覧室が広がる。右上が書庫で、その左隣が事務室。事務室の前にサービスカウンター。
 この図書館は、群馬県吾妻郡(1,278.27km2、人口67,358人)の8町村(中之条町、吾妻町、長野原町、草津町、高山村、六合村、東村、嬬恋村)で組織されている吾妻広域町村圏振興整備組合が整備し、運営は所在地である中之条町に委託されている。働いている職員は、中之条町の職員とのこと。正職員3人、嘱託4人、臨時3人の体制で、館長は中之条町教育長が兼務、副館長も兼務とのこと。正職員と嘱託職員のうち各1名が司書。
 中之条町は郡の北東に位置し、中心からははずれているので、図書館の位置としては、郡内の住民が等しく使うには不便ではないかと思う。分館や自動車図書館でもなければ、サービスが行き渡らないような気がするが、それらしき気配は感じられない。


入口から中を見る  エントランスホールから閲覧室の方を俯瞰。
 カウンター前のコンクリートの円柱に支えられた高い部分から、東側の壁面へ向かって白い天井がにカーブを描きながら降りてきており、広い空間を感じさせる。東側はガラス面の大開放なので、かなり明るく感じる。写真では、明るすぎて奥が白く飛んでいる。
 床は、木のフローリングで温かみを感じる。吾妻郡は、森林が全面積の8割を超えるので、「ツインプラザ」は家具や床材に群馬の県産材を多用しているとのこと。
 右手前には、上下2段のロッカーが設置されているが、その前にテーブルが置かれて展示がされているので、積極的には使われていない様子。


新刊展示架  上の写真の左側には、館内案内図と新着図書の展示コーナーが設けられている。
  下の2段の書架には、「2001年第一小すいせん図書」と書かれた表示があったので、近くにある中之条第一小学校の推薦図書が置かれているのだろう。展示用としては、下の2段(特に最下段)はあまり効果的ではない。


インターネット用PC  上の新着書展示架の右隣に置かれていたインターネット接続されたパソコン。
 こうやって2台並べられると、隣が近いのでなんとなく使いにくそう。プライバシーも何もあったものではない。こういう場合は、間に衝立があった方が良い。
 この分野の機器は、これからまだまだ大きく変わりそう。無線LANのホットスポットを公共図書館内に設けるというのが今後増えるかも。


テーマ展示  ロッカー前のテーブルに置かれた展示。読書週間にちなんだテーマ展示のように見受けられた。
 本を開いたまま長時間置いておくと、本を傷めることにもなるので要注意。平置きにするなら、ポップを立てるなり高さを変えるなりしてメリハリを付けたほうが面白い。図書館員は、本屋さんの店頭で勉強しよう。デパートの食器売り場などのディスプレイも意外に勉強になる。



児童コーナーへ 一般書コーナーへ その他
プリンタ出力用画面 友達に伝える
GoogleTranslator
本の購入はこちらから
もう読んだ?