• カテゴリ プライベート の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

徒然日記 - プライベートカテゴリのエントリ

Mfnetのふるさと納税勉強会

Mfnet(Miyazaki fun! network)という若手(中堅も多くなってきたけど)公務員の勉強会組織があって、その54回目となる勉強会「徹底検証! 2,884億円のふるさと納税の功罪」が若草hutte & co-ba Miyazakiで開催されたので、ふるさと納税についてちょっと勉強してみようと思って出かけてきました。

大半の参加者が県庁や市町村役場の若手職員で、ふるさと納税というテーマ設定も良かったのだろうと思いますが、意識の高い職員が多く、そのネットワークがしっかりとできていることを嬉しく思いました(完璧な上から目線w)。

勉強会は、FAAVOというクラウドファンディングプラットフォームと、その延長線上にあるF×G(エフバイジー)というGCF(ガバメントクラウドファンディング)プラットフォームを運営している齋藤隆太さんから、ふるさと納税の歴史や現状について学んだ後、齋藤さんのコーディネートで、市町村のふるさと納税担当者お二人からお話を伺うという流れでした。

オフレコの話もあったので詳細についてはここでは書きませんが、トップクラスの市町村は、100億円前後の寄付を集めていることには驚かされましたし、県内にはトップクラスに位置づけられる市町村が複数あって、他の市町村にとってはそのモデルが高い目標となってプレッシャーをかけられている実態も知ることができました。

ふるさと納税については、自治体間の獲得競争の中で返礼品の割合が高率になったり、その自治体とは無縁の返礼品が設定されたりと、制度本来の趣旨とずれた運営が行われる例も多くなってきたことで、総務省が指導を強めてきているのですが、自治体サイドには各自治体ごとに異なる地域課題があり、その課題を解決するツールとしてふるさと納税という制度をどのように使うかということで、制度に向き合う態度が異なるということがあるようです。

ふるさと納税専門サイト

しかし現状は、ブランド米やブランド牛肉といったワンランク上の食材を中心に、全国の特産品を実質的に安価に入手できるということで関心が高まってきていて、市場が拡大してきているので大手の事業者も参入して、様々なWebサイトが立ち上がっています。
これらのサイトを見ると、一部はまるでお買い物サイトのようで、牛肉で検索して全国のブランド牛を渉猟したりすることが簡単にできるようになっています。
それはそれで、消費者にとっては便利なことではあるのですが、特定の地域の施策を支援したり応援したりするための寄付という、ふるさと納税の本来の目的は、どこか脇に追いやられているようです。
この現状が、返礼品競争を煽っていると言っても過言ではないでしょう。

こうなると、完全に物の評価だけでリピートするかどうかが決まってしまいがちですし、飽きやすい消費者の性行からすると、リピート率はさほど高くならない気がします。

そこで勉強会の中で、市町村のふるさと納税担当者の方に、
「納税(寄付)をしてくれた方に対して、そのお金で自分たちの自治体でこのような施策ができましたとか、このように使われましたとか、報告をすることがあるのか?」
という質問を行ったところ、それぞれの市町村のWebサイトに総括的にレポートされることはあっても、個別には行われていないということのようでした(全国的に見れば、やっている自治体もあるのかもしれませんが)。

これ、実にもったいないと思うのですよね。
折角、特産品を通じて縁の出来たお客様なのですから、それが特産品だけの縁ではなくて、自治体そのものに縁を感じてもらえるように、それぞれの皆さんに宛てて、礼状とともに、納税(寄付)の成果を報告するべきだと思うのです。
それによって、納税(寄付)した自治体の施策への関心が少しでも高まり、次もまたこの自治体を応援しようとか、何なら訪ねて行ってみようとか思ってもらえるのではないでしょうか。

もちろん、返礼品を送付する際に、市町村長名のお礼状たったり、その自治体の観光パンフレットだったりは同封されているとは思うのですが、それとは別に、後日、お金の使い途をきちんと報告することは、この制度にとってとても大事なことだと思うのです。

こうしたことは、ふるさと納税の実務を代行してくれる事業者に任せきりだとおろそかになりがちなので、取り組む自治体側の最初の制度設計の部分が大事ですし、担当者の熱意も必要だと思ったというのが、勉強会での私の総括でした。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (255)


4月から勤務先が保健所に変わったのですが、保健所の業務は全く初めてで右も左もわからないので、まずは格好から入ってみようと、スマートバンドを導入してみることにしました。

スマートバンドと言っても様々あるので、ネットでひととおり情報収集してみた結果、そんなに高いものでなくても大丈夫そうだったので、Amazonでポチってみたのがこれ。「HolyHigh YG3 Plus」という中国製ですが、時計、歩数計、心拍計、睡眠量計の機能を持っていて、スマホと連動するといろいろな記録が確認できて、カメラのリモコンシャッターにもなったりという、意外なすぐれもの。
IP67防水防塵設計なので、日常生活上は付けっぱなしでも全く問題無さそう。
Amazonでの通常売価は3,319円になっていますが、タイムセールスでポチったので、購入価格は2,821円。

白いシンプルな箱

というとで、ポチって3日後には届きました。
Appleのパッケージを意識したかのようなシンプルな白い箱は、100mm×100mm×45mmの大きさ。

開封

蓋を開けると、こんな感じで本体と取り扱い説明書が入っています。これ以外にケーブル等の類いは何も入っていません。
取扱説明書は、英語とドイツ語の2カ国語仕様で、文字がかなり小さいので、老眼入った身にはちょっとつらいです。
ポチった後に出品業者から、日本語の取説を入れ忘れたので、ここからダウンロードしてねみたいなメールが来ましたが、さすがに中国の業者のサイトにアクセスしてダウンロードするなんてリスクは犯せないので、ほっておきました。
取説程度のレベルであれば、英語でも特に支障はありませんし。

バンドを外す

ケーブルの類いが無いので、充電はどうするのかと思ったら、本体からバンドがこのように外れて、本体側にUSBポートに挿せる端子が付いていました。
バンドは、かなりがっちり付いているので、最初に外す時は結構力を入れる必要があって少し不安になりますが、引っ張ればちゃんと外れますのでご心配なく。

充電中

これを、こんな風にUSBポートのある充電器に挿して充電します。充電中はLEDが赤く点り、満充電になると光量が小さくなります。
充電が終わったら、再びバンドを元に戻します。バンドと本体の接合部の加工精度はなかなかもので、3,000円程度という安っぽさはあまり感じられません。

左腕に装着

左腕に装着したみました。
右腕にも付けられますが、どっちの腕に付けるにしろ、タッチセンサーが手前になるようにしないと、表示が上下逆になるので、そこだけ要注意です。
表示部の裏側に、心拍センサーが付いていて、外した時とか、たまに緑色に光ります。

購入してから約2週間、充電する時と入浴する時以外はずっと装着していますが、重量は25gと軽くてあまり気になりません。
問題は、これから汗をかくシーズンにどうなるかですね。

充電は、インジケーターを見ながら3日に1回程度行っていますが、おそらく今の使い方なら一週間くらいは保ちそうな感じです。


VeryFitPro充電終わったら、スマホにVeryFitProというアプリをインストール。
iPhone用Android用、どちらも用意されています。

インストール終わったら、ブルートゥースで接続して、スマホに「HolyHigh YG3 Plus」を認識させます。

後は、アプリの方で通知設定とかを行います。
メールや、Facebook、Twitter、LINEなど主だったSNSには対応していますが、何でもOKにしてしまうと、しょっちゅう通知が来て面倒なので、必要最小限にしておいた方が良いでしょう。
通知の内容は、ディスプレイ部に表示されますが、日本語の表示は完全ではなく微妙に抜ける文字があったりするので、あくまで目安程度ということで。
それでも、私の実用上はほとんど問題ありません。

Very Fit Proの表示画面1

スマホで、歩数、睡眠時間、心拍数を計測した結果は、このような感じでそれぞれ表示されます。
左右にスワイプすると、項目が変わります。

睡眠時間はどうやって測定しているのか、実際に起きた時間と多少のずれはありますが、浅い睡眠と深い睡眠、覚醒睡眠の時間が表示されるのが面白いです。
トータルの睡眠時間が短くても、深い睡眠が多いとしっかり眠れているということで安心できたり、逆に少し不安になったり。

Very Fit Proの表示画面2

数字が表示されている中央部をタップすると、このように1日単位のグラフ表示に変化します。
これを、1週間の折れ線グラフにすることも可能です。

歩数は、最初に1日の目標を設定しておくと、達成した時にバイブレーションで通知が来るので面白いです。私は、8,500歩を目標に設定していますが、思いもかけない時にブルッと通知が来て、びっくりした後、にんまりしたりしてます。
歩数が可視化されると、少しでもという気になって、ちょっと疲れていてもエレベーターを使わずに階段上る気になってしまいます。
歩数計と基本的に同じなのですが、リストバンド型だと確認しやすいですし、歩数計以外の機能も充実しているので、こっちの方が断然オススメです。

このほか、ウォーキングやラン、自転車(バイク)の計測モードもあって、活動量計にもなるようですが、そちらは忙しくてまだ試していません。
自転車で長距離走る時に、試してみて、またレポートしたいと思います。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (312)


レタスとソーセージと卵の炒め物が載った醤油ラーメン

3週連続の日曜拉麺。
昨日から預かった原稿と格闘していて、今日も朝のうちに洗濯を済ませて、2本目の原稿に取りかかっていたので、昼はありあわせの材料でラーメンをつくることに。

買い置きのレタスと、賞味期限間近の卵があったので、これをメインにすることとして、冷凍保存のソーセージを解凍して、一緒に炒めてみました。

ベースは、先週と同じく「日清ラ王 醤油」。
先週と違うのは、附属の液体スープを伸ばす時に、お湯ではなくて、ベジブロスを使ったこと。
ベジブロスは、日々の料理で出る野菜の切れ端などを冷凍保存しておいて、溜まったところでまとめて作り、冷凍保存しています。
これで、野菜の甘みとこくが加わって、さらに美味しいスープになりました。

麺を茹でる際に、筋取りしたスナップエンドウも放り込んで一緒に茹で上げて、丼のスープに麺を泳がせたら、先に作っておいたレタスとソーセージと卵の炒め物を載せ、スナップエンドウも飾ったらできあがり!

シャキシャキのレタスが美味しく、スナップエンドウも良いアクセントになりました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (672)


春をイメージした醤油ラーメン

3月に入ってから、頑張ってブログを更新するように努めていて、3月は9本の記事をアップできました。
今後も頑張っていこうと思うので、まずは4月の初日から。

日曜日は、恒例の日曜拉麺。

冷蔵庫に、先日買ったほうれん草が残っていたので、それを使うのがマストという条件の中、あり合わせの材料で作ったのが写真のラーメン。

ほうれん草とソーセージは、ニンニクとともに炒めて、塩胡椒で味付け。

ゆで卵は、熱湯に入れて約10分で、ちょうど良い加減の茹で具合に。

ベースの袋麺は、「日清ラ王 醤油」
「まるで生めん」というキャッチフレーズに違わず、さすがに麺が美味しい。
スープもクリアでこくがあります。

具材を載せると、緑のほうれん草とちょっと赤っぽいソーセージにゆで卵の黄身が映えて、なんとなく春の華やかな雰囲気が演出できたのではないでしょうか。

ごちそうさまでした。

さて、明日から新しい職場での仕事が始まります。
久しぶりの電車通勤になって環境も変わりますが、新たな出会いに期待をしつつ、気負わずぼちぼち頑張りましょう。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (764)


男子ごはんWebサイト

浦安で過ごす日曜日、昼前にテレビを視ていてチャンネル回したところが、テレビ東京の「男子ごはん」で、ちょうどMCの太一君と心平ちゃんが、しゃくなげの森の「黄金イクラ」を食べようとしているところでした。

ちょうど、黄金イクラを産む「幻の尺ヤマメ」の安定生産を目指すクラウドファンディングのプロジェクトを応援しているところということもあって、思わず見入ってしまいました。
皆さんもよろしければ、FAAVOのこのプロジェクト、支援をよろしくお願いします。

【1kg超!47年の技術で「幻の尺ヤマメ」の安定生産に挑戦します。】

黄金イクラも返礼品の中に入ってます!

それはそれとして、番組で心平ちゃんが作っていたのが「サンマー麺」で、一緒に視ていた妻が「あんなのが食べたい」と呟くので、ストッカーと冷蔵庫にあった材料でトライしてみました。

サンマー麺

ベースは、袋麺の「明星チャルメラ しょうゆ」
具材は、豚肉、キャベツ、もやし、えのき、竹輪で、炒めた後にちょっと水溶きかたくり粉でとじて、できあがったラーメンに載せました。

具材に軽くオイスターソースをベースとした味付けを施したので、これが醤油味のスープとマッチして、なかなか美味でした。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (988)


フリーエージェント宣言 その後

カテゴリ : 
プライベート
執筆 : 
Dice 2018-3-23 0:09
昨年7月1日付けのフリーエージェント宣言から約9ヶ月、歳をひとつ重ねて、56歳になりました。

宣言した後、次なる道をいろいろと模索してきましたが、結論として、もう一年、今の球団にお世話になることになりました。

残念ながら明確な移籍のお話はいただけませんでした。
まあ、真剣に売り込みに歩いた訳でもない中で、たいした実績も無いロートルを買ってくれる球団がそうそうあるはずもなく、ある程度予測できたことではあります。

本当に辞めるんだったらライティングの仕事を回したい、みたいなお話は、ありがたくも複数いただくことはできたのですが、浦安に住む家族を養えるだけのお金を稼ぎ出す想定ができず、それだけで「はい、辞めます。」とは行きませんでした。

ちょっと誤算だったのは、テゲツー!をマネタイズのフェーズに移行できなかったことです。
代表が子育てに忙殺されて、アジェンダの打ち合わせすら満足にできない日々が続いたので、この4月から組織化してマネタイズすることは断念せざるを得なくなりました。
このため、当面ベースの仕事にできるかもしれないと考えていたものに頼れなくなってしまいました。
ただ、ライティングは頑張って続けてますので、マネタイズの道は、リスケジュールしつつ引き続き模索していきます。

11月には、イノベーション・アワード・コンテスト2017に参加して、ブックカフェを核にして図書館サービスを展開するというビジネスプランを発表しましたが、これも冷静に損益を計算すると、私が家族を養うのに十分な利益を出すのは難しいという結論になりました。
ライティングとの2足の草鞋ならということも考えましたが、そのためにはどちらにもガッツリとはまり込んで時間を割く必要があり、浦安の家に帰る暇も無くなってしまうことが予想されましたし、無理は続かないので、このプランは無しとなりました。
おそらく自分一人なら踏み込めたと思いますが、遠く離れた家族を養うという軛は、かなり重いです。

一方、宣言について球団の内部からの反応は、予想外に静かでした。
それでも、「ちょっと待て」という慰留も一部からはあって、その時点では東京に異動して再び家族と住める可能性もあったので、そこに一縷の望みを掛けてみることにしました。
ここで、現球団への残留が決まりました。

そして、現球団における来期の布陣が発表された訳ですが、喜んで良いのか悪いのか、感覚的には微妙なポジションに落ち着くこととなりました。
それほど忙しくはなさそうなポジションなので、家に帰りやすくなったとか、取材に行きやすくなったという点では喜ぶべきなのかもしれませんが、果たしてそれで良いのかどうか。

ということで、2018年度も宮崎にいて(職場は高鍋になりますが)、仕事をしながらテゲツー!のライティングとフードアナリストの活動を続けることになりましたので、皆様引き続きよろしくお願いします。

ただ、家族の置かれた状況も良くはないので、1年契約のつもりで引き続きフリーエージェント宣言を続行し、来春を目指したいと考えています。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1276)


あなたの知らない冷や汁の世界

カテゴリ : 
プライベート » 料理
執筆 : 
Dice 2018-3-19 0:47
冷や汁プレゼン

3月17日(土)の夜、「あなたの知らない冷や汁の世界」と題したイベントを「みやざき晴夜」で開催しました。

40名定員のところ、出足が悪くてちょっと心配しましたが、結果的には早々に満員になって一安心。
(株)コンフォートダイナーみやざきブランド推進本部カゴメ株式会社長友味噌醤油醸造元大盛うどんの協賛をいただき、フードアナリスト仲間でもある(株)コンフォートダイナー副社長の竹井倫世さんの全面協力を得て、冷や汁ときゅうりをテーマとした8種類の料理を用意していただきました。

私は、冒頭で冷や汁についての研究をまとめたプレゼンを披露し、料理の締めで、私が考案した「冷や汁 de Rosso」「冷や汁 de Bianco」という赤、白2種類の冷や汁を参加の皆さんに味わっていただくという趣向。

赤と白の冷や汁

食後のアンケートでは、白の方が圧倒的に人気でしたが、どちらも美味しいと評価をいただきました。
新しい冷や汁の世界を提案できましたし、晴夜の工夫を重ねた美味しい料理で参加の皆さんにも満足いただいたので、苦労して開催した甲斐がありました。

次は、東京でも同様に冷や汁をプロモーションするイベントをやりたいなと考えておりますが、まずは、こつこつと普及に努めて行きます!
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1235)


毎月第2水曜日に、宮崎市西橘通の「居心地屋やまぢ」で開催されている「本格焼酎ドット恋」というイベント。

毎回、県内の焼酎蔵の方を招いて、その蔵の焼酎を飲みつつ、やまぢの美味しい料理を食べながら、蔵人のお話を伺うという、なんとも魅力的なイベントであります。

過去11回ほど参加して、その都度テゲツー!に記事書いてきました。

このところちょっとご無沙汰していましたが、一昨日久しぶりに参加できました。
しかし、今回のゲストの酒蔵王手門さんについては、昨年5月に記事にしているので、

「苦難を超えて復活する、伝統と革新の味 ー 本格焼酎ドット恋Vol.11:酒蔵王手門編」

もう記事は良いかなと思って写真だけ撮って飲むことと食べることゲストの皆さんと喋ることに専念し、家に帰ってから写真をさくっと動画にしてみました。




iPhoneXに入れたGoPro Quikというアプリに写真読み込んで、フレーム選んだら勝手にBGM付けて、イケてる動画にしてくれるので、簡単でいいです。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1043)




いつもは、単身赴任のアパートでラーメンを作っているのですが、先日、浦安の家に帰った際に、息子と二人で昼食を食べることになって、家の冷蔵庫にある材料を使って作ったのが、このラーメン。

ベースは、ストッカーの中に買い置きされていた、袋麺の「明星チャルメラ しょうゆラーメン」
豚とホタテと香味野菜のスープに濃口醤油で味付けされた、東京ラーメンらしい味わいです。

これにトッピングしたのが、次の3種類の具材。
1. ソーセージとセロリと玉ねぎとエノキの豆板醤炒め
2. 鰹粉をまぶした長ネギの小口切り
3. 刻んだセロリの葉

1は、蛋白源となるソーセージに、冷蔵庫とストッカーにあった野菜の組み合わせ。
普通の炒め物だと面白くないので、豆板醤でピリッとした刺激を加えてみました。

2は、都城市に本店、宮崎市に支店のある醤油ラーメンの名店「かま源」のねぎらーめんにインスパイアされて作ってみました。
本家は、縦に白髪に切ったねぎに鰹粉をまぶしているのですが、青い部分も使ったので、小口切りに変えてみました。

3は、1で使ったセロリの葉がもったいなかったので、細かく刻んで香味として使ってみました。香菜があればもっと良かったんですが。

これら3種の具材の組み合わせで、チャルメラの醤油味に、鰹粉の旨味と香り、豆板醤の刺激、セロリの香り、それぞれの具材の異なる歯ごたえが重層的に加わって、なかなか面白く美味しいラーメンになりました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1759)


2018年1月28日のラーメン

年明け早々にインフルエンザに罹ったり、ノロウィルスで寝込んだり、いろいろと忙しくてブログの更新ができないまま、ようやく2018年1本目の更新です。

今日も、溜まった家事を片付けるために、朝から掃除や洗濯、アイロンかけに追われる中、冷蔵庫の食材を片付ける必要もあって作ったのが、このラーメン。

ベースは、株式会社マルタイのカップ麺「博多長浜ラーメンカップ」
なかなか本格的な豚骨スープに、麺は細麺で調理時間も2分と短かく、有明産焼き海苔が2枚付いているのが特徴。

これに、ゆで卵と炒めたソーセージ、タマネギとピーマンの細切りを炒めたものをトッピング。
見た目もなかなか美しくできたし、味も十分に満足できるもの。

そういえば小学生の頃、土曜の昼に自分で作るインスタントラーメンに、パッケージに載っているようなゆで卵とかを加えたくて、祖母からゆで卵の作り方から教わったのが、料理好きになる最初の一歩だったかも。

冷蔵庫の中にある材料をうまく使って、見た目も味もそれなりに演出するために、いろんな工夫がその頃から積み重ねられているのですね。

チャーシューなんて普通は無いから、ソーセージに鹿の子状の切れ目入れてから炒めたり、ハムで代用したりとか、お湯を沸かしながら野菜を炒めておいて、最後に素早く載せて仕上げる段取りだったりとか。

ゆで玉子も、黄身の茹で上がり加減をコントロールするのがなかなか難しくて、いろいろ試行錯誤したものです。

そんなことを思い起こさせる、本日のラーメンでした。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1630)


GoogleTranslator
ブログ カレンダー
« « 2018 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
本の購入はこちらから
カテゴリ一覧
もう読んだ?