徒然日記 - 最新エントリー



宮崎県立美術館で開催中(10月29日〜12月11日)の「篠山紀信展 写真力」に行ってきました。

篠山紀信、1940年生まれのこの写真家は、週刊誌の表紙やグラビアなどの写真を数多く手がけ、彼自身ががひとつのメディアとして、その被写体とともに時代を切り取り続けています。
まさに、現代日本を代表する写真家と言えるでしょう。

今回の写真展は、その篠山紀信が約50年に渡って撮り続けてきた写真の中から、
「飛び切り写真力のある写真をえらんでみたもの」で、
「よりすぐりの顔、顔、顔……
写真ってスゴイぜ!」
と言わしめる100点余の作品が展示されています。

2階の展示室の入口でチケットをもぎってもらって中に入ると、内部は、
「GOD 鬼籍に入られた人々」
「STAR すべての人々に知られる有名人」
「SPECTACLE 私たちを異次元に連れ出す夢の世界」
「BODY 裸の肉体−美とエロスと闘い」
「ACCIDENT 2011年3月11日−東日本大震災で被災された人々の肖像」
という5つのパートで構成されています。

最初のパート、「GOD 鬼籍に入られた人々」がまず圧巻。
きんさんぎんさん、勝新太郎、三島由紀夫、渥美清、大原麗子、美空ひばり、夏目雅子、バルテュスの大判の写真の圧倒的な存在感に囲まれ、彼らの生きた時代と業績を思い起こさせます。
特に、三島由紀夫を写した2枚の作品が印象的でした。



次のパート、「STAR すべての人々に知られる有名人」では、俳優、歌手、スポーツ選手など、ここ40年ほどの間、時代のアイドル(偶像)として活躍した(する)人々の写真がずらり。
「写真家は時代の映し鏡であり、突出した出来事や人を撮らねばならない」
とする篠山の真骨頂を表すパートと言えるでしょう。

続く「SPECTACLE 私たちを異次元に連れ出す夢の世界」では、歌舞伎という場を中心に、虚と実の狭間にある夢と、そこに生きる人のリアリティを、
「BODY 裸の肉体−美とエロスと闘い」では、時代のヌード表現を切り拓いてきた篠山のチャレンジと、ダンサーやアスリートがもつ肉体の表情を、
それぞれ見ることができます。

最後の「ACCIDENT 2011年3月11日−東日本大震災で被災された人々の肖像」は、ドキュメンタリーとは縁の無さそうな世界にいる篠山ですら、3.11の惨状を前にカメラを構えざるを得なかった現実と、そこでも人の顔を撮り続ける篠山の一貫性を感じました。

 
時代の写し鏡であり、往々にして「時の死」の立会人たる写真家・篠山紀信、写真の力を感じさせる、良い展覧会でした。

※ 展覧会は、基本的に撮影禁止ですが、ここに掲載した2枚だけは、特別に「撮影可」となっていました。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4018)








日曜拉麺ファンの皆さん(いるのか?)、お久しぶりです。

冷蔵庫の中に半額で買って冷凍保存していたスーパー総菜のチャーシューがあったので、そろそろ使わないとと思い、太めにカットして、黒豆もやしといっしょに塩・胡椒で炒めました。

この時、クミンパウダーとカレー粉を少し振って、エスニックな香りをちょっとまとわせてみました。




そのチャーシュー&もやし炒めを受け止めるのは、「日清ラ王 豚骨醤油」

麺は、もちもちの極太で、麺好きの私には嬉しい太さ。
スープは、魚介と鶏・豚のエキスが凝縮した、濃厚ながらしつこさの無い味です。

ベースのラーメンの上にチャーシュー&もやし炒めを載せたら、赤坂一福のラー油を回しかけて出来上がり!

魚介豚骨の香りの陰から、エスニックな香りが顔を覗かせ、ラー油のピリ辛感がほどよい刺激となって、箸が進む進む。

あっという間にスープまで完食しました。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4718)






『魚が食べられなくなる日』

カテゴリ : 
読書
執筆 : 
Dice 2016-10-21 1:01
先日、浦安の家に戻った際に、往復の飛行機の中で読んだのが、勝川俊雄著『魚が食べられなくなる日』(小学館新書)

今の職場がもろ水産業関係なので、毎朝の新聞チェックの時に本書の紹介を目にして、読んでおくべき本だろうと思った次第。

気鋭の水産学者である著者が前書きで書いているように、本書は、
「『水産に関するグラフを描いてみるとすべてが右肩下がり。上がっているのは漁業者の年齢だけ』という状態を打破するには、海外の成功事例から学び、これまでの日本農業のルール、仕組みを変えていくしかありません。そのための道筋を示しました。」
という内容。

日本の漁業、水産資源の現状について、データ、グラフに基づいてわかりやすく解説し、漁業復活の成功事例であるノルウェーでは、
(1) 個別漁獲割当方式の導入
(2) 世代交代を促進するSQS(Structural Quota System)方式の導入
(3) 補助金の削減と水産業の自立
という3つの政策が効果的であったと紹介。

そこから日本の水産業が復活するために採るべき政策としては、
科学・研究機関(水研機構)を水産庁から切り離すことによって、バイアスのかからない正確な科学的データに基づいて水産資源の実態を管理し、日本独自の個別漁獲割当制度を導入し、漁獲枠の譲渡ルール(ITQ、Individual Transferable Quota)を定めることとしています。

我先に早い者勝ちで根こそぎ獲りに行くのをやめて、質を高めるような効率的な獲り方に移行しましょうという訳ですね。
その方が、操業コストが下がり、労働生産性は上がるはずです。

「日本独自の個別漁獲割当制度」とは、魚種をある程度限定したTAC(Total Allowable Catch=総漁獲枠)とIQ(Individual Quota = 個別漁獲割当量)の導入と、国防面にも配慮した離島特別漁獲枠の設定で、特に後者に日本らしい事情があります。

個別漁獲割当制度の導入については、第三者的に水産業を眺めている立場からすると、確かにそうあるべきだろうと納得できるのですが、それらの主張はもう10年来言われ続けているにも関わらず、なかなか現実のものとならない現状を見ると、その困難さも容易に予測できます。

そのあたりは、本書の端々にも透けて見えて、水産庁を中心とする日本の水産行政が、いかに惨憺たるものなのか、改革を阻む、政治家と官僚と業界という「三すくみ構造」についても触れられています。
普段から政治の世界に振り回されている研究者の恨み辛みも込められているので、ある程度割り引いて読む必要はあるかも知れませんが、大きな構造は、確かにその通りだと思えます。

こうした現状を変えるには、関係者の自覚とともに、消費者サイドからの食の持続性に対する要求が必要で、そのために本書のようなわかりやすい解説本の存在意義があるのでしょう。

読みやすく面白い本ですので、水産関係者に限らず、魚好きなら、ご一読をお薦めします。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3929)






 大阪市立中央図書館で「借りるだけではもったいない!『もっと』使える!図書館」という講演会が開かれるという情報がFacebookで流れてきたので、久しぶりに大阪に行ってみようと、その場で飛行機と宿を手配して、10月1日に出かけてきました。

この『図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につける』は、その講演会の基調講演で話をされた、奥野宣之氏の著書で、この内容をベースに、単に本を借りるだけではない図書館の活用方法について、実体験を交えたお話を伺うことができました。

奥野氏は、新聞記者からフリーのライターに転身した、ある意味情報探索・活用のプロですが、日常的に図書館を利用する中で、司書講習を受講して司書資格を取ったというから凄いです。
司書は国が認定する資格で、大学で一定数の科目を履修することが必要ですし、その資格があるからと言って就職に有利ということもさほどありませんので、よほどのことがないと普通の人は取得しようなんて思いません。
しかし、そこに敢えて踏み込むから、こうして著作にもできている訳なんですけどね。

図書館のサービスを利用する側、提供する側、両方の視点から、図書館を利用するとはどういうことなのか、図書館を利用することで、暮らしがどう変わっていくのかについて、わかりやすく書かれています。
普段図書館を使っていらっしゃる方はもちろん、日常的に図書館に縁のない方にも読んでいただきたい良書です。

講演の中で、
「会社の行き先を書くホワイトボードに『図書館』と書くことが当たり前の社会になって欲しい」
という奥野さんのお話、本当にそうなるといいなと思いながら、そうなるためには、私も含めた司書が、もっと図書館への理解が進むように努力しなければならないと叱咤激励を受けたような、今回の大阪行でありました。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4085)






 浦安に帰るために乗った飛行機の機中で一気読みしたサカキシンイチロウ著『博多うどんはなぜ関門海峡を越えなかったのか』(ぴあ株式会社)

 ほぼ日刊イトイ新聞で毎週木曜日に「おいしい店とのつきあい方」を連載している外食産業コンサルタントのサカキさんが、柔らかい麺が特徴の博多うどんの名店を訪ね歩き、その魅力を伝えつつ、うどん店のビジネスモデルについて解き明かした好著です。

うどん店との対比でラーメン屋で一番コストがかかっているのはスープで、ラーメン屋で
「炭水化物だけ食べてスープを残すのは、おいしいものを知らない人のすること」
とか、
「硬くなくては麺にあらず…って、それ本当?」
といった記述は、麺は麺として美味しく食べたい、スープは残さず飲むべしと思っている私にとって、我が意を得たりという感じで嬉しくなりました。

本書の後半で、東京に博多うどんの店を出店することを想定したシミュレーションで、簡単ではありますが、きっちりと収支計算が行われるあたり、さすがに外食コンサルタントの面目躍如。
いちいち納得できることばかり。

宮崎のうどんも博多うどんと同様に、ふわやわの麺が特徴。
出汁のひき方に違いはありますが、地域に根ざす文化、ビジネスモデルとしてはほぼ同じだと考えられます。

「おわりに」で著者はこう書きます。
「 この旅で、地方のおいしいものが食べたい、世界のおいしいものが食べたいと、それをワザワザ東京に呼びつけるようなことは不遜だと私は思うようになりました。
 行けばいいのですから。来ないのならば、行けばいいのです。」

そう、数ある宮崎グルメを宮崎まで食べに来て欲しい。
宮崎うどんもそのモチベーションの一つになって欲しい。
実は宮崎も、「うどん県」なのですから。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4070)






宮崎県立図書館の見果てぬ夢

カテゴリ : 
図書館
執筆 : 
Dice 2016-9-18 0:59


宮崎県の生涯学習課が、10年後を見据えた県立図書館のあるべき姿について、県内の様々な立場の人にヒアリングを行い、その結果をWebサイトで公表しています。

「県立図書館についてのヒアリング」

これまで、5人の方々のインタビュー内容が公開されていますが、これを読むと、それぞれ納得のできるご意見ばかりです。

もちろん、生涯学習課も人選には配慮をしていて、それなりに図書館についての見識のある方を選んでいるのだろうと思いますので、当たり前と言えば当たり前なのですが、一方で、この時代にまだこんな意見が出るものなのか、という思いもあったりします。

日本の公共図書館が今のようなサービス形態になったのは、1970年以降と言ってもいいだろうと思いますが、宮崎県立図書館が一番輝いていたのは、それより前、1947(昭和22)年から1957(昭和32)年にかけての中村地平館長の時代。
当時を知る南邦和さんのお話の中にも、その時代のことが出てきます。

当時、先端を走っていた県立図書館のサービスは、60年経って、ここまで様々な注文が出るほどに落ちている訳です。
できていなければならないこと、他の県立図書館では当たり前のようにできていることも、提言の中には数々見られます。
こうして、図書館の外からの意見を聞かなければ10年先の図書館像が見えないほどに、図書館が図書館のことをわからなくなっているのだなと、ちょっと暗澹たる気持ちになりました。

せめてもの救いは、生涯学習課がこういう形で顕在化させてくれていることでしょうか。おそらく、県立図書館の現状と課題を理解している人がいて、外からでも変えなければと思っているのでしょう。

しかし、課題が明らかになって終わりではなく、そこがスタートで、10年後に向けて、それをどのように解決して行くかが問われているわけです。

鍵は、かつての中村地平がそうであったように、強烈なリーダーを起用できるかどうかにかかっていると思います。
たとえそれが見果てぬ夢であったとしても、希望は持ち続けたいです。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3634)








浦安から宮崎に戻り、単身赴任生活を送るようになって4年目に入ってます。

基本的に自炊なのですが、自炊するためにリーズナブルに野菜を買おうとすると、袋単位で1回では使い切れない量を買うことになります。
そうして購入した野菜を、無駄にしないでうまく使うには、それなりにコツがあります。

要は、保存をうまくやればいいのですが、その保存方法の一つが、「ぬか漬」です。

私がぬか漬を漬けるようになったきっかけは、2年半ほど前に、キムラ漬物宮崎工業株式会社の木村昭彦社長から、新製品のぬか床セットのテストを依頼されてから。

木村社長のぬか漬エバンジェリストぶりについては、テゲツー!で記事にもしました。
【キムラ漬物宮崎工業株式会社から学ぶ「自家製ぬか漬」なのだ!】



ぬか床を維持するには、毎日かき混ぜなければならないとか、面倒くさいイメージがありますが、密閉容器に入れて、冷蔵庫で管理すれば、あまり手間をかけなくても維持できます。

我が家の場合、2週間くらい冷蔵庫に入れっぱなしでも、今のところぬか床が悪くなったりといったことはありません。

さすがにそこまで放置するのもどうかと思うので、週に1回くらいは野菜を漬け込む時にかき混ぜてますけどね。

漬けるのは、キュウリが一番多いです。
宮崎は、キュウリの生産量が日本一ということもありますし、漬けるのも簡単。

ぬか漬にしたキュウリは、かつお節をかけて軽く醤油をかけるのが好きですが、刻んだものをクリームチーズと和えたりしても、結構良いおつまみになります。

さて、明日の弁当にもぬか漬入れて持って行こうっと。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4141)






被害が心配された台風12号ですが、幸い宮崎市内では、多少雨が強かった程度で過ぎて行きそうです。
しかし、暴風圏は消えたものの台風本体はまだ「九州の西側にありますので、雨については引き続き警戒が必要なようです。

万が一の災害に備えて、食料と水の備蓄を用意しておくのは大事なので、我が家にも常時インスタントラーメンやカップ麺などを常備していますが、これらには賞味期限があるので、うまく使い回す必要があります。

この日曜拉麺シリーズも、そうした備蓄食材の有効活用も兼ねております。



ということで、台風通過中の日曜の昼、ストックから取り出したのは、東洋水産「ごつ盛り 塩焼きそば」

麺が130gと大盛り仕様で、ボリューミー。
「チキンと玉ねぎの旨みが利いた塩味ソースに、バジル入り特製スパイス付き」というのが特徴です。

この製品に限りませんが、塩焼きそばは他の素材と組み合わせ安いので、結構気に入ってます。




今回は、前日に多めに作った豚野菜炒めが冷蔵庫に残っていたので、それを有効活用しました。

そこに、これまた冷蔵庫にあった葉レタスの一種、グリーンリーフも加えます。
サラダなど生食に使われることの多いレタスですが、火を通してもシャキシャキ感は残るので、よく焼きそばに使われるキャベツと違った楽しみがあります。

今回も、期待どおり、麺のもっちり感とレタスのシャキシャキ感の対比が楽しめました。

欲を言うと、麺がもう少し太い方が、焼きそばとしてはバランスが良いと思うのですが、3分でできあがるカップ麺としては仕方ないところでしょうか。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4118)






フードアナリスト3級に挑戦

カテゴリ : 
プライベート
執筆 : 
Dice 2016-8-7 23:44



昨年11月に4級の講座・試験を受けて、2月からフードアナリストとしての活動を開始したことは、以前このブログにも書いたところですが、宮崎で講師をしていただいている本橋先生から、3級の養成講座をやるというお声がかかったので、参加してきました。

4級の時の養成講座は1日だけでしたが、3級になると2日間。
朝9時半から、夕方18時過ぎまで、50〜60分の講義と10分間の休憩が土曜は7コマ、日曜は6コマ。
そして、1日目の講座が終わると、全20問の修了試験、2日目の講座が終わってまた、全20問の終了試験。

内容は、
第1章 食育
第2章 食空間コミュニケーション
第3章 ホスピタリティ
第4章 食と栄養
第5章 ワインとチーズ
第6章 ヨーロッパ菓子
第7章 食と芸術・文化
第8章 インテリアとテーブルデザイン
第8章 日本の伝統と食文化
第10章 地球環境と食
と、かなり多岐に渡ります。

講座では、それぞれについてそれほど深く掘り下げる訳ではありませんが、それでも初めて聞く言葉も多く、かなり勉強になりました。
ここから更に自分で調べて掘り下げて行くと、一層知識が深まりそうです。

フードアナリストというのは、資格を取って終わりではなくて、自ら研鑽を深め、それをベースに何をやるかが問われているような気がします。

ということで、濃密な2日間が終わり、まずは試験の結果を待つのみ。
正解率が70%以上なら、一次試験は合格で、合格通知が来たら、1ヶ月以内に1,200文字以上の小論文を提出する二次試験にチャレンジすることになります。

たぶん、一次試験は大丈夫だと思うので、合格通知来る前から、小論文の準備をしておかなければ。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3744)








近所のスーパーに行ったら、鶏モツ(レバーとハツが一体となったもの)が出てました。

新鮮なモツが結構リーズナブルな値段で変えるのが、畜産県・宮崎のいいところ。



その隣には、キンカン(鶏の卵管の中にある卵の予備軍)も出ていて、これはモツ煮を作る敷かないと思った訳ですね。

今まで鶏モツ煮なんて一度も作ったことないんですが、デパ地下の総菜とかで買って食べたことは何度もあって、その美味さは知っていましたし、味からして作るのもそんなに難しくはないだろうと想像できましたので、トライすることにしました。



作り方については、とりあえずクックパッドを見てみて、いろいろある作り方からざっとこんなもんだろうというところを把握した上で、まずは下ごしらえから。

鶏モツとキンカンを水洗いした後、ハツは開いて中の血合いをよく洗い流し、レバーは適当な大きさに切り分け。

その後、鍋にお湯を沸かして、スライスした生姜と焼酎適量を加えて、鶏モツとキンカンを下茹で。
10分ほど茹でて灰汁が浮いてきたら、火から下ろして再度水洗いし、キンカンは表面の薄皮を除いておく。




下処理ができたら、醤油、みりん、日本酒、砂糖を適量混ぜて作った煮汁に投入し、スライスした生姜と1個ずつばらして皮を剥いたニンニクを加えて、落とし蓋をして中火で煮込み。

煮汁が半分程度になったらできあがり!



熱々よりも、冷まして味をよく染み込ませた方が、より美味しくなりそうです。

レバーのねっとりとした食感、ハツはコリッとした歯応え、キンカンはゆで卵の黄身とは全然違っていて、白身と黄身を混ぜて煮固めたような食感が面白い。

良質のタンパク質と鉄分などのミネラルも摂れて、焼酎の肴にも、弁当のおかずにもなるという優れもの。
これからも時々作ろうかな。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5010)






fitブログ カレンダー
« « 2018 2月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3
fitアーカイブ
fitカテゴリ一覧
fit本の購入はこちらから
fitもう読んだ?